リビング吹き抜け: HAN環境・建築設計事務所が手掛けたリビングです。

外と内側が繋がる広がりのある家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住まいは生活の拠点となる重要な場所です。そこでは入浴や食事、そして睡眠のための場所となり、人生の多くの時間を家で過ごすことになるでしょう。そんな家が居心地の悪い場所であれば、人生の多くの時間を無駄に過ごししてしまうことになるかもしれません。そこで紹介したいのは、周りの環境を活かして居心地の良い空間を実現した家です。そこでは自然を身近に感じながら、暖かな空間で生活を送ることができます

豊かな自然環境に建てられた家

木製サッシ廻りファサード: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた家です。
HAN環境・建築設計事務所

木製サッシ廻りファサード

HAN環境・建築設計事務所

今回紹介する家を手がけたのはHAN環境・建築設計事務所。家は埼玉県の森林公園が近くにある里山に建てられました。周りに森は広がり、その木々の葉は家の間近まで伸びています。近くには大きな幹線道路も無ければ、家を囲ってしまうような隣家もありません。そのため、都会のような騒音やプライバシーを考えた閉じた住宅ではなく、美しい自然環境を取り込むような、家が建てられています。

モダンさに和の伝統を感じさせる縁側

木々の緑が美しい場所に建てられたのは、木造2階建ての住宅。外壁は木で作られていますが、その大部分は黒色にまとめられており、モダンな印象を感じさせます。このような建物の外観で印象的なのは前面部分に取り付けられた庇。その下には縁側が作られており、和の印象も感じることができるでしょう。本住宅では、現代的な住まいに伝統的な和の空間を取り込んでいるのです。

木に覆われた空間

このような住宅の中にあるのは、暖かな木の空間が広がっています。家の天井や壁、そして床を見渡しても、木の素材を見ることができます。また、それだけでなく家具も住まいの空間に合わせて木のものが選ばれているため、家の中では木の存在感を強く感じることができるでしょう。もちろん、その自然な風合いは、暖かさや心地良さを感じさせてくれます。そして、まるで木に覆われているような感覚を感じるかもしれません。

外と内を繋げる土間

土間キッチン+ダイニング: HAN環境・建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
HAN環境・建築設計事務所

土間キッチン+ダイニング

HAN環境・建築設計事務所

木が住まいの空間を覆っていますが、一部だけ例外の場所があります。それは1階にある土間の空間です。土間は外の地面と同じ高さとなっており、家の屋外に繋がる場所に造られるもの。そしれは屋内でも屋外でもない中間的な場所として役割を果たします。そのため、ここでは外から家の中に気軽に入ることができ、そして家の中から外に気軽で出ることができます。このように、家は外と内に境界を作らずに広がりを生み出しているのです。

広がりを感じさせる住まい

こうした広がりは土間だけではありません。縁側も同様に中間的な場所としての役割を果たします。それは屋外であっても庇があって雨に濡れることはありません。もちろん、そこから気軽に家の中に入ることもできます。また縁側には大きなガラス窓を設けています。それを開放すれば、縁側越しに広がる自然豊かな風景を見ることができます。そのため、まるで風景の中に暮らしているように感じられるかもしれません。

空間の繋がりで広がりを生み出す家

2階プライベートスペース: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた子供部屋です。
HAN環境・建築設計事務所

2階プライベートスペース

HAN環境・建築設計事務所

家の外と内側の繋がりは、外の風景を取り込み開放的な雰囲気を生み出してくれます。また家の中には吹き抜けが広がっており、1階と2階が繋げられています。そして吹き抜けを活かすように壁を作らないように部屋が配置されているため、家の中では壁の存在感を感じることはありません。そして、縁側や土間によって、外まで家が広がっているように感じることでしょう。このように本住宅では広がりを活かして、外の風景を取り込んだ心地良い空間が生み出されているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!