melt: 建築設計事務所SAI工房が手掛けたサンルームです。

自然を味わう最高のリビングのある家

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

理想の家に欠かせないポイントの一つにははきっと「自然を感じられる事」があげられるかもしれませんね。やっぱりゆったり寛げる居場所からは青い空や緑ある風景を愉しめるほうがいいですよね。今回ご紹介する住まいは、圧倒的な開放感と自然を感じられる住まいです。建築設計事務所SAI工房が手がけるこちらの「melt」の家は、丸みを帯びた建物のフォルムに住空間へ入り込むような緑ある風景を愉しむことのできる住まいです。ただ眺める、感じるだけの自然ではなく、境界線が曖昧になったように住空間に溶け込んでいく「屋内ときどき屋外」のような印象を持てるかもしれません。

角丸のフォルムが優しい外観

敷地があるのは、大阪市を望むことが出来る少し高台に位置する住宅地の一角。穏やかなロケーションに建つ本住宅外観はホワイトカラーの外壁に明るい木製玄関扉が特徴的な淡くナチュラルな印象です。一般的な建物とちょっぴり異なるのは建物の角が丸められた特徴的な趣に。角を丸めることでフレンドリーで柔らかさのある優しい外観へ。

奥行きのあるナチュラルなエントランス

玄関扉を抜けてエントランスへと踏み込むと、奥行きのある玄関コンクリート土間に木素材のナチュラルな雰囲気に包まれる温かみのある空間に。建物の外形に合わせた丸みのあるコーナーは室内からもその柔らかな印象を残しています。滑らかなカーブの先には外の風景を取り込む大きな開口。外部からは住人の気配を、室内からは出かけ際のお天気の変化や自然の光を取り込むことのできる機能的な窓です。

室内ときどき屋内の入り混じった開放感

玄関からそのまま室内奥へと進むと、屋外リビングのような一風変わった空間が広がっています。一度切り離された建物を繋ぐように連続する中間スペースは吹き抜けに立派な背のある植栽がダイナミックに生活に溶け込む「室内ときどき屋内」そんな感覚を味わえる空間です。お施主さんの希望でもあった「緑を感じられる住まい」はただ室内から見る・感じるだけではなく、まるで木の下のスペースを陣取るかのようにダイナミックに自然を感じる頃が出来ます。

屋内外を一体的に感じる最高のリビング

室内でもないような、屋外でもないような不思議なスペース、コンクリートフロア仕上げでどことなく屋外スペースから連続しているかのようなカジュアルさも感じられます。建物と建物を繋ぐようにかかる屋根と空の風景を取り込むハイサイドライト、抜群の開放感を感じられる吹き抜けはまさに屋内外が一体的となった最高の居場所です。室内木フロアへ続くワイドな開口は自然を取り込みながらも、プライバシー性にも優れた安心感のあるデザインです。

豊かなコミュニケーションを広げる窓

二階の個室から見る吹き抜けスペースは向かい合うように並ぶ建物の開口を正面に見ることが出来ます。住空間に設けられたインナーウィンドウはただ別の室を望むだけでなく、しっかりと自然ある風景をもとらえることが出来ます。窓から下を見下ろせば屋外リビングのような寛ぎスペースで休む家族とのコミュニケーションを愉しむことが出来ます。

周辺に馴染む温かな外観

夕景にみる外観は、周辺の緑に包まれつつ、木の隙間を縫うようにこぼれる室内の灯りが印象的。外部に向かって特別大きな開口は見られないデザインながらも、一歩住空間へと踏み込むと、外部からは想像しがたいような自然と開放感を味わえる、理想的な住まいかもしれませんね。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!