二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
阿倍野の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい- 和風の キッチン の atelier m 和風
Loading admin actions …

二世帯住宅で親子が同じ家あるいは場所で暮らしことは、様々な場面で助け合うことができ、大きな安心感を得られるなど生活の面で多くの魅力を持つ暮らし方です。ただ、その暮らし方も詳しく見ていくと、完全同居・部分共用・完全分離型といった3つのタイプに分類することができ、それぞれのタイプによって2つの世帯の関係性や距離感などが異なり、生活のかたちも変わってきます。そこで今回は、二世帯住宅の間取りタイプ別にそれぞれのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

完全同居型のメリット

阿倍野の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい- 和風の キッチン の atelier m 和風 木 木目調
atelier m

阿倍野の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい-

atelier m

二世帯住宅において、リビングやキッチンなど寝室以外のすべての部屋を共有し、親と子世帯がまさに一緒になって暮らすタイプを完全同居型と言います。このタイプのメリットは、家族みんなで賑やかに日々暮らしていけること、そして子どもの世話をいつでも親世帯に助けてもらうことができる点です。また、二世帯で1つの家に暮らしていくことから、空間や設備コストを節約することができ、他の二世帯住宅のタイプに比べて、建設コストが低くなる点も魅力となるでしょう。

完全同居型のデメリット

完全同居型のデメリットとしては、やはり親と子世帯の間でライフスタイルや価値観の違いから精神的に窮屈に感じたり、実際に衝突してしまうことが挙げられるでしょう。また、常に誰かが家にいる状態が多くなることから、プライベートな空間が寝室しかないようなことにもなりかねません。そうしたことからも、自分の時間をゆっくりと過ごしていけるような一人になれる空間を設けることがこのタイプの暮らし方をうまく続けていく上で大切になるでしょう。

部分共用型のメリット

玄関やキッチンなどの一部を共有しながら、リビングやダイニングなどは分ける二世帯住宅の間取りタイプを部分共用型と言います。このタイプのメリットは、しっかりとプライベートな空間を確保しながらも、共用部分でいつでも二世帯がコミュニケーションを図れる点でしょう。また、先程の完全同居型のように、空間や設備を共有することで、建設コストの節約にもつながります。こちらのCAICO ARCHITECT OFFICEが手掛けた二世帯住宅では、親と子世帯の住まいを分棟型で分け、それぞれの世帯のプライベートな空間をしっかりと確保しながら、その間に玄関から建物の裏側まで続く土間を設けることで、二世帯が空間でもコミュニケーション面でも孤立しすぎない丁度いい距離感を生み出しています。

写真:KAI NAKAMURA

部分共用型のデメリット

Courtyard House - East Dulwich モダンデザインの テラス の Designcubed モダン
Designcubed

Courtyard House – East Dulwich

Designcubed

部分共用型は、玄関だけを共用したり、玄関と浴室を共用したり、あるいは玄関とキッチンとリビングを共用するなど様々なかたちが考えられます。それぞれの家族に合わせて自由に共有する部分を調整することができることは非常に魅力的ですが、その分計画段階からしっかりと親と子世帯の間で食い違いがないように、家づくりやそこでの暮らし方についてしっかりと考えを共有し納得していくことが必要となるでしょう。

完全分離型のメリット

完全分離型は、玄関からリビング・寝室まで2つの世帯がそれぞれのものを持ち、完全に分かれて暮らすタイプになります。このタイプのメリットは、世帯間でライフスタイルや価値観の違いがあっても暮らしに問題がないこと、そしてそれぞれの世帯がしっかりとプライベートな空間を確保できることが挙げられます。そうした暮らしの中でも、隣り合って生活していることで、いつでも会うことができたりサポートをしてもらうことができる安心感を得られることができます。

完全分離型のデメリット

完全分離型のデメリットとしては、他の二世帯住宅の間取りタイプと比較して、二世帯間でのコミュニケーションがほとんどなくなること、そして、玄関から寝室まで別々になることでほぼ二軒分の建設コストがかかり、他のタイプのようなコスト面でのメリットが得られないことが挙げられます。家にかかるコストについては、「ランニングコストも考えた住まいづくり。知っておきたい5つのポイント」も是非参考にしてみて下さい。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅のメリット   

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ


どのタイプがあなたの家族に合っていますか?コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!