ろじのさき: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

住宅地でも快適に過ごせるスタイリッシュな狭小住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、スタイリッシュで明るい室内空間が特徴となった狭小住宅です。限られたスペースを有効利用することで、快適なテラスやゆったりとしたリビングが生まれており、住宅密集地の中にあるとは思えない居心地のいい住空間が見事に実現しています。狭小敷地での家作りを計画している人には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、東京を拠点とする株式会社ギルド・デザイン一級建築士事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見て行きましょう!

格子がアクセントの狭小住宅

都心部の住宅が建て込んだ地域にあるこの狭小住宅。敷地の両サイドにも隣家が密接して建っており、家作りの際はプライバシーの確保や採光など、色々な面に考慮しなければならなかったことをうかがわせます。この家のクライアントさんは結婚したばかりのご夫婦で、例え狭小住宅であっても、将来的には子供部屋を作ることや、明るさ&広さの楽しめる住空間を希望していたということです。狭小敷地であることをポジティブに生かし、縦の空間を上手に利用したこの3階建ての家は、黒いシックな外壁とナチュラルな格子が印象的な、お洒落な外観となっています。

くつろげるリビング

こちらはリビングの様子です。ナチュラルなフローリングと白を基調としたスタイリッシュな室内空間は、コンパクトながらもくつろげる雰囲気。壁側には段板だけのシンプルな作りの階段があるのも印象的です。階段は段の間に隙間がある作りで、軽やかさが感じられます。また階段部分とリビングの一部天井は吹き抜けとなっているので、上階からの快適な光がこのリビングにも降り注ぎ、気持ちの良い明るさに包まれています。

格子に囲まれたテラス

こちらはリビングに面しているテラスからの眺めです。周りは格子に囲まれているので、外部からの視線をゆるやかに遮りプライバシーを確保しながらも、快適な日当たりや風を楽しむことが出来ます。ベンチやハンモックでくつろぎながら、アウトドアリビングとして、リラックスした時間を過ごせそうですね。

スタイリッシュなキッチン

こちらはダイニングキッチンです。テラスに面した大きな窓から明るさが感じられるので、陽だまりの中、毎日さわやかな気分で食事の時間が楽しめそうな雰囲気です。白を基調としたスタイリッシュでモダンなキッチンは、L字型の配置となっていて、機能的で使い易い印象。家事の際も効率的に動けるので、食事の支度などの作業もはかどりそうですね。

明るい書斎スペース

リビングの階段を上がるとあるのはこの書斎スペース。大きな開口に面して広々としたデスクが設けられており、自然光の明るさを感じながら、または外の様子を眺めながら、読書やパソコン作業をすることが出来ます。将来的にはここはお子様の勉強スペースとしても利用出来るそうです。下にあるリビングとは吹き抜けで空間がつながっているので、違う階にいても家族の気配を感じながら安心して過ごせますね。上にはロフトも設けられています。

モダンなバスルーム

こちらはバスルームをはじめとした水廻りスペース。白を基調とした清潔感のあるデザインで、ホテルのようなモダンな雰囲気です。バスルームと洗面スぺ―スはガラスで仕切られているため、視覚的に一体感があり広々としているのもポイントです。お洒落な空間で、毎日優雅な気分でリラックスしたバスタイムが楽しめそうですね。

【狭小住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

 狭小住宅を建てる前に知っておきたい6つのこと  

※ 素敵な空間を持った狭小住宅6選! 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

快適に過ごせるお洒落な狭小住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!