暮らしの変化に柔軟対応、田の字プランのLDKをもつ住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

建築家が依頼されたのは婚約を交わした未来の夫婦が結婚後に暮らすいわば「愛の巣」。しかしその住まいでは、夫婦二人の新婚生活、そしてこどもが生まれてからの親子での生活、そしていずれはクライアント母親との同居生活が予定されており、異なる家族の形態、またそれに伴う暮らしの変化に柔軟に対応できる家のカタチが求められました。そこで株式会社PLUS CASAが提案したのが日本家屋の伝統様式である田の字プラン。いったいどんな家になったのでしょうか。詳しく見て行くことにしましょう。

​シンプルモダンな外観

敷地はクライアント二人の地元である鳥取県南東部の町。自然豊かなのどかな場所ですが、山間部のため冬は積雪も多く、寒さも厳しい土地です。そこでクライアントは「日々の生活が快適に送れる家」を希望しました。ガルバリウム鋼板の張られたシンプルでモダンな外観。その落ち着いた佇まいは背景に広がる山々ともどこかマッチしていますね。1階にはビルトインガレージが採用され、雨や雪の日にも濡れずに出入りすることができます。駐車場からは洗面所や脱衣所に直接アクセスできるように設計されており、子どもが汚れて帰ってきたときなど、日々の暮らしのちょっとした場面でメリットがあるよう工夫されています。

​田の字プランを持つLDK

吹き抜けのある広々とした開放感あるLDK。時と共に移り変わるであろう家族の暮らしぶりや法事、祭事などのさまざまな生活シーンをシミュレーションしながら設計がはじまったそうです。そして建築家が行きついたのが田の字プラン。この平面プランであれば、間仕切りを変動するだけで空間を自由自在に変化させることができ、さまざまな状況に柔軟に対応することができます。畳敷きを中心としたフラットな床は赤ちゃんやお年寄りにも優しいバリアフリーの空間。また、リビングルームと和室の間仕切りに衣類をかけられる可動レールがあるなど、生活する人の立場に立った工夫が嬉しいですね。

​吹き抜けのある開放的な空間

トップライトのある吹き抜けが気持ちの良い空間。白い壁にナチュラルな雰囲気の家具が映える、明るい家族の空間です。

​自然を感じる内部空間

リビングルームに設置された収納は、テレビ台、神棚のほか、趣味のダーツ練習ボードを兼ねているそうです。庭につながる大きな窓から射し込む光が部屋を包み込みます。そして収納の横の窓からは美しい樹々を眺めることができ、室内に居ながらにして外部に広がる自然を感じることができます。

暖かい空気を有効活用

リビングルームには「ホシ姫サマ」という室内物干しユニットが設置されています。冬の暖まった空気を有効活用すると同時に、吹き抜けのある高い天井スペースも有効活用することができます。

​暖かく明るい寝室

二階には主寝室を含め、各個室が配置されています。こちらはナチュラルな雰囲気の明るい寝室の様子。右上に見える開口は、リビングの吹き抜け部分とつながっています。階下で暖められた空気がこの窓から流れ込み、就寝時には快適な室内環境が整えられています。

暮らしの変化に柔軟対応できる田の字プランのLDKをもつ住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!