LDKを心地良い空間にするための6つのアイデア | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

LDKを心地良い空間にするための6つのアイデア

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
LDKにキッズスペースのあるプロヴァンススタイルの家 地中海デザインの リビング の ジャストの家 地中海
Loading admin actions …

LDKを中心とした住まいづくりが最近の主流となっていますが、その中でもそれぞれの家族やライフスタイルに合わせて、その空間に一工夫を加えることでより心地のいい場所にする例も多く見られます。そこで今回は、LDKを心地良い空間にするためのアイデアを紹介していきたいと思います。典型的なリビング・ダイニング・キッチンにとどまるのではなく、そこにある工夫を付け加えてオリジナリティ溢れる住まいの中心をつくっていきましょう!

LDKで家族が一緒に長く過ごせるプラン

リビング - LDKにキッズスペースのあるプロヴァンススタイルの家 地中海デザインの リビング の ジャストの家 地中海
ジャストの家

リビング – LDKにキッズスペースのあるプロヴァンススタイルの家

ジャストの家

LDKに一工夫を加える中で現在最も増えている考えが、家族がそこで一緒に長く過ごせるプランです。一昔前までは子どもは自分の部屋で勉強、仕事は書斎で、食事はダイニングでという別々の空間で過ごすようなプランニングが一般的でしたが、共働き世帯も増え、家族と過ごす時間を大事にしたいなどの理由から、LDKで子どもが勉強をできるスペースや書斎コーナーを設ける住まいが増えています。特に子育て世帯にとっては、子どもが常に見える範囲にいることから安心感も得られるでしょう。

写真:ジャストの家

屋外とつなげる

デッキテラスとも一体で楽しめるLDK 北欧デザインの リビング の UZU 北欧
UZU

デッキテラスとも一体で楽しめるLDK

UZU
UZU
UZU

LDKからそのまま庭やバルコニーといった屋外へつながるプランも住まいの中心をより心地良い空間にする1つのアイデアです。それによって、LDKと屋外空間が一体となり、室内をより明るく開放的な空間にすることができるとともに、こちらのUZUが手掛けた住まいのように、デッキテラスで室内と屋外を行き来しやすくすることで、屋外スペースもLDKの一部として感じられ、LDKにより幅広いアクティビティをもたらすことができます。

写真:a.fukuzawa

畳コーナーを設ける

和室は一時期日本の住まいから消えかけていましたが、その魅力が再認識されたことでLDKに和室や畳コーナーを設ける住まいも増えています。ダイニングやリビングスペースの床は基本的にフローリングとなると思いますが、そこに畳の床の和室を付け加えることで、フローリングと畳の両方のメリットを活用できる住まいの中心にすることができます。その2つの魅力については、「畳vsフローリング。比較することで見えてくるそれぞれの良さ」も是非参考にしてみて下さい。

床を土間にする

先程LDKの床材は基本的にフローリングと述べましたが、こちらのように土間で仕上げることも1つのアイデアです。この土間によって、三角形をしたプランの一番長い辺に開けられた大きな開口を通して、庭とほとんど段差がないつながりを生み出しています。この大開口と段差の小ささによってLDKと庭に強い一体感が生まれ、大人数のゲストを招くこともできますし、それぞれが居心地の良い場所を見つけられるようなスペースにもなります。

段差で緩やかに仕切る

キッチン・ダイニング・リビングスペースが仕切られず、一続きにつながることにどこか居心地の悪さを感じる一方で、仕切り壁などで完全に仕切ってしまうことは避けたいという方もいらっしゃるかもしれません。そうした場合は、ダイニングとリビングなどの間に段差を設けてみて下さい。それによって、空間を緩やかに仕切ることができ、丁度いいメリハリを生み出すことができるでしょう。

LDKを2階に設ける

住まいの中心となる空間は1階に設けることが一般的ですが、場合によっては2階に設けることも考えてみるといいでしょう。特に、都会で前面道路の車の交通量や人通りが多い場合は1階に大きな開口を開けづらく、そこにLDKを配置しても薄暗く圧迫感のある空間になりがちです。その時にLDKを2階に設ければ、開口を大きく開けながらもプライバシーを十分に確保できる快適な住まいの中心にすることができます。こちらのように、中庭を設ければより効果的となるでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ


オリジナリティ溢れるLDKにしていきましょう!コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!