イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。

既存の木を囲みながら街と森を繋ぐ家

JUTO JUTO

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

それぞれの敷地には歴史や文脈などが存在しています。そんな土地の特性を読み取りながら新たな関係性を周囲にもたらしたり、自然との対話を生み出し心地良い環境を作り出すのが建築行為の一つと言えるでしょう。ATELIER O2が手がけたのは、30年間放置されていた土地に根を生やしていたイヌエンジュの木を囲むように計画された住宅で、同時に裏の森と街を繋ぐ存在でもあります。光で演出する内部空間や街並みに向って開かれた抜けの空間が魅力的な住まいです。

周囲の環境に調和した外観

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

積雪のある市内の小高い丘にある壇上の敷地は、30年間イヌエンジュの木だけが存在する空き地でした。敷地の南側には森が広がり、街との境界にあるこの敷地の特徴を生かして計画されたのは、イヌエンジュの木や森の存在を損なうことのない抜けのある建物。敷地の中央辺りに育ったイヌエンジュの木を囲むように住空間を配置し、テラスや庭空間を街並みに向って開放しています。基礎に当たる1階部分は安定感のコンクリート造。蓄熱体としても機能し寒冷地域にはぴったり。上階は木目の美しい天然素材を外壁に採用し、温かみのある印象を街区に向けています。

シンボルツリーを囲んで配置した建物

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの木を囲む建物の接合部にガラスの空間やテラスを配置し、さらに外部に向って開かれたデザインを採用。こうすることで暮らしの中でこのシンボルツリーの眺めを楽しみつつ、土地に根付いたこの木が今まで同様に街や森に対して存在し続けるように配慮しています。

抜け感のあるデザイン

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

テラス空間の外壁にも木を使い、自然との調和を図った心地良い住まいに。街並に向って抜けているインナーテラスは道路面より高い位置にあるので、程よいプライバシーを保ちながらも開放感のある外部空間を形成。

木をふんだんに使った心地良い内部空間

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた階段です。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

吹抜けのある階段が作り出す広がりのある玄関です。スチールと薄い踏板で構成されるスタイリッシュな階段は軽やかでありながら存在感を醸し出しています。壁は外壁と同様に木板の縦張りで仕上げ、内外の一体感を強調。左手の壁と同素材で仕上げたドアを入るとリビングへ続きます。

開放感のある変化に富んだ空間構成

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた階段です。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

敷地の段差が内部にも現れ、変化に富んだ視線の高さや空間の繫がりを作り出しています。冬場にはシンボルツリーの葉は落ち、大きなガラス面から気持ちの良い日の光がたくさん入り込むようになっています。夏場は逆に緑豊かに生い茂る木の葉が太陽を程よく遮り、心地良い日影を作り出してくれます。自然をより身近に感じながら暮らせる心地良い住まい、素敵ですよね。

街と森を繋ぐ住まい

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた家です。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

道路側のボリュームから庭を介して玄関ホール、さらに奥の開口越しに緑豊かな森の風景まで視線が抜けていきます。建物によって周囲の環境を分断することなく、むしろ緩やかに繋げながら新たな住空間に自然を取り込み、豊かに暮らしを彩る開放感溢れるデザイン、是非参考にしたいですよね。

森の眺めを楽しむ山荘のようなリビング

イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けたリビングです。
株式会社 ATELIER O2

イヌエンジュの家

株式会社 ATELIER O2

階段を上がると薪ストーブのあるリビングへ。背後の森の風景とぴったりですよね。庭に面して地窓とハイサイドライトを配置し、籠もり感のある空間を演出しつつ抜け感を作り出し、採光も確保しています。天井に現れた構造体がラスティックな雰囲気を演出し、自然の温かみをより一層感じさせる山荘のようなリビングですよね。既存の周辺環境や敷地の特性を尊重しながら計画された、まるでずっとそこに建っていたような安定感と心地良さが広がる住まいです。

抜け感と安心感が織り成す心地良い住まい、いかがでしたか?是非皆さんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!