赤いガルバリウムの家: BDA.T / ボーダレスドローが手掛けたリビングです。

開放的な雰囲気とお洒落なインテリアが魅力の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、室内の細かな部分にインテリアのこだわりが感じられるナチュラルでお洒落な住まいです。大開口のあるリビングは明るさと開放感に包まれており、居心地のいい住空間でリラックスした暮らしが満喫できる点も、この家の大きな特徴となっています。個性的なデザインの住宅に憧れている人や、住まいのインテリアをもっとお洒落にしたいと思っている方には、家作りの際何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、宮崎県を拠点に活動しているBDA.T / ボーダレスドローによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見て行きましょう!

赤い外壁が印象的な外観

水平を強調した直線的なデザインに、赤いガルバリウムと白い外壁のコントラストが印象的な木造2階建てのこの住まい。建物は日当たりのいい庭に面して大きな開口部が設けられており、快適な明るさやさわやかな風を感じながら、室内でも開放的な雰囲気で過ごすことが出来る印象の作りとなっています。

開放的な室内空間

こちらは1階のLDKの様子です。イレギュラーな形状をしている室内ですが、大開口が設けられていることによって庭や外部空間との間に一体感が生まれており、ゆったりとしていて居心地のいい作りとなっています。階段下のスペースにはカラフルな色合いの収納棚が設置され、その明るいカラーが室内インテリアに素敵なアクセントをプラスしているのにも注目です。リビングの奥にはダイニングキッチンがあり、陽だまりの中で毎日気持ち良く食事が楽しめそうな雰囲気。キッチンスペースの壁はお洒落なタイル仕上げとなっており、全体的にインテリアのセンスの良さが光るLDK空間となっているようですね。

中央にある階段

こちらはダイニング側からLDKを眺めた様子です。リビングの中央に設置されている階段は、スタイリッシュな黒い手すりとナチュラルな板が組み合わされたシンプルなデザイン。室内の開放的な雰囲気を妨げない控えめな存在感となっています。ダイニングにはワンポイントのタイル使いが素敵なテーブルもあり、家具やインテリアにこだわって空間が作られていることがよく分かりますね。

明るい2階空間

こちらはリビングの階段を上がった2階の様子。1階空間と同じように、自然素材の優しさや快適な明るさが感じられる心地いい雰囲気となっています。階段との仕切りは、壁で覆ってしまうのではなく、デザイン性のある作りとなっているのが印象的。さらに折れ戸も付いているので、本棚として使用したい時などは、この戸を閉じて普通の収納棚として使うことも可能となっているようです。階段部分の天井は吹き抜けとなっているため、1階と2階の気配がお互いに感じられやすくなっているのも安心ですね。

タイルが素敵な洗面スペース

こちらは、壁に細かいタイルが一面に貼られ華やかな雰囲気となった洗面スペースです。鏡の周りや棚、洗面台の縁にもさりげなくタイルがあしらわれていたり、カラフルでかわいらしい照明があったりと、細かい部分までこだわりが感じられ、センスの光るデザインです。洗面スペースは家族のみんなが毎日頻繁に利用する場所なので、気持ち良く使えるような雰囲気作りが大切になってきます。

スタイリッシュなトイレ

ダーク系の壁によって落ち着きとシックな雰囲気が感じられるトイレスペース。さらにアクセントとして壁の中央部はタイルで模様が描かれており、よりモダンでスタイリッシュなデザインとなっているのが印象的です。トイレはついインテリアを楽しむことを忘れてしまいがちですが、このようにお洒落な空間になっていると毎日利用する時の気持ちが随分と変わってきそうですね。

お洒落なインテリアが魅力の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!