お気に入りになるバスルーム

An F An F
Loading admin actions …

日本人にとってお風呂とは、生活の中でとても大事なものでしょう。たっぷりのお湯を使って毎日バスタブに浸かるなんてことは世界でも稀な習慣のようです。長い海外生活をする日本人にとって、最も恋しく思われるのは日本のお風呂なのだそう。それ程に日本人の精神と結びついたお風呂の時間を演出する、素敵なバスルームたちをご紹介いたします。

安心感と開放感を持つバスルーム

一面を開口部とした、シンプルながら大胆なバスルームです。自然の豊かな地域に建てられたこの家は、外の光を優しく家の中に取り入れながら、屋内にできる陰影の落ち着いた雰囲気を大事にしています。外の景色が良く見える開口部からは光が差し込み開放感を演出していますが、深く出た軒によって安心感のある設計になっています。バスタブに浸かってのんびりと過ごせる、自分だけのリラックス空間を作ってくれるでしょう。

幻想的な景色を家に取り込む

浴室夕景~035カルイザワハウス: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた浴室です。
atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

浴室夕景~035カルイザワハウス

atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

軽井沢の林の中に建つ、セカンドハウスであるこちらの住宅。窓からは高原の美しい緑を間近に眺めることができます。外側へ少し張り出したような窓の設計から、浮遊感のあるジャグジーとなっています。またジャグジー右のスペースにはサウナも備え付けてあります。白を基調にしたモダンなデザインは、外の様々に変わる木々の様子をさながら一枚の絵のように切り取り、強調します。自然を楽しめる贅沢な空間です。

木の香る浴室

こちらの住宅は、自然素材の香りや風合いをテーマに建築されています。様々な木を素材として使用していますが、浴室には日本三大美林の一つで水に強く香り高いことで知られる青森ヒバを使用しています。爽やかな天然素材の香りを浴室に取り入れることで、家にいながら森林浴を楽しむかのような効果を得ることができ、お風呂の時間をより豊かなものにしてくれます。

撮影:金田 幸三

爽やかな浴室

白がまぶしいこちらの浴室は、齋藤正吉建築研究所によって提案されています。磨き上げられたような白で統一、明るい光の差し込む広い開口部を備え、開放感のある浴室となっています。広い窓からは、時間によって変わる空の色を楽しめるでしょう。夜にお風呂に入るのも良いですが、朝にシャワーを浴びたり、夕方の美しい空を眺めながらの入浴も気持ちが良い、外の自然と調和する浴室です。

ウッドデッキに続くバスルーム

サッシを開ければウッドデッキ: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた浴室です。
TERAJIMA ARCHITECTS

サッシを開ければウッドデッキ

TERAJIMA ARCHITECTS

ガラス戸が多用され、透明感のある美しいバスルームです。洗面所と浴室はガラスで仕切られています。サッシを開けた向こうはウッドデッキとリビングが広がっており、外の光がデッキに反射されて明るく差し込みます。開放感がありながらプライバシーを守る設計なので、安心しながらバスタイムを楽しむことができます。ラグジュアリー感のある贅沢な空間となっています。

広い窓を備えるジャグジー

海の側のセカンドハウスとして建てられた住宅です。南仏プロバンスをイメージした外観であり、浴室からは海と緑の可愛らしい庭を望むことができます。窓を開けて外の潮風を感じることができるジャグジーは、暖かい光や夜には涼しい夜風を楽しむことができます。週末のひと時に、こんな贅沢なジャグジーで、ワインを飲みながらくつろいでみても良いのではないでしょうか?美しい景色と潮の香りを感じられる、爽やかなバスルームです。

天窓のあるバスルーム

こちらは、ポーランドの建築家により設計されました。淡い色味の大理石の素材で仕上げられ、天窓からは柔らかな光が差し込むような設計となっています。バスタブの中で長い時間過ごせるような安心感があり、また好きなようにインテリアを楽しめる遊びもあります。アロマやキャンドルを焚いてリラックスしたひと時を過ごしたい、お洒落で柔らかい空間となっています。

ロマンチックな浴室

ロシアの建築家が提案するのは、色を抑えたロマンチックな空間です。大理石の素材と、ラグジュアリーな雰囲気を持つタイルの使い方が、ノーブルな印象を出しています。落ち着いた上質なお風呂の時間を楽しむには、一般的な日本の様式のお風呂ではなく、このような西洋式の浴室でも良いかもしれません。美的なセンスを持つタイルや壁の装飾は、自分だけのオリジナルで贅沢なリラックス空間を作り出してくれるでしょう。

ミニマルな浴室

沼津 I邸: HAPTIC HOUSEが手掛けた浴室です。
HAPTIC HOUSE

沼津 I邸

HAPTIC HOUSE

駿河湾を一望できる高台に位置する住宅です。こちらの浴室では、素材や色味の違うタイルの組み合わせでユニークで爽やかな空間を作り出しています。あまり大きくはない浴室ですが、ミニマルな設備で居心地のよく、上品でお洒落な雰囲気を醸し出しています。閑静な住宅街の内部には、ミニマルながらオリジナルでユニークな装飾の美しい空間が広がっています。

お風呂を存分に楽しむ

ブラジルの建築家によって設計された浴室です。木製のベンチなどを備え、存分にジャグジーを楽しめる居心地の良い空間となっています。広々としたスペースは使いやすく、子供から大人まで家族が気持ち良く使えるような浴室です。自宅にジャグジーを持つことで、忙しい日々の中でも手軽に身体の疲れをほぐす時間をとることができるでしょう。

様々なバスルームについてどう思われますか?あなたのコメントもお書きください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!