ARTE CUCINE/ PEDINI SAN ANGEL が手掛けたキッチン

黒いキッチンのデザイン方法

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

近年、日本の住宅では白や明るい色の木目調のキッチンが流行していますが、一方でクールでスタイリッシュな印象のキッチンも、世界のトップブランドを中心に、根強く人気があります。しかしやはりインテリアデザインとしては難しいと思われがちなアイテムですので、なかなか上手にインテリアに活かしている住宅を見ることはないのではないでしょうか。そこでこの記事では、世界と日本の写真を交えながら黒の要素を取り込んだスタイリッシュなキッチンのデザイン方法をご紹介します。

黒のカウンターボードを使う

黒のカウンターボードを使う、という一見大胆なデザインですが、多くのメリットもあります。まずは日々の汚れや細かな傷が目立ちにくいということです。写真のような大きな一枚の黒いカウンタートップは磨き仕上にし光の反射をうまく使うことで、ラグジュアリーな印象を演出できるでしょう。また木材との相性も絶妙で、木目調の空間を黒のカウンターボードで引き締めることで空間全体の印象をスタイリッシュでクールに感じさせてくれます。

カップボードをダークトーンにする

ARTE CUCINE/ PEDINI SAN ANGEL が手掛けたキッチン
ARTE CUCINE/ PEDINI SAN ANGEL

ARTS & CRAFT BY PEDINI ARTE CUCINE

ARTE CUCINE/ PEDINI SAN ANGEL

カウンタートップは白系ですあが、他の部分を黒くすることで、全体の印象をダークトーンに見せることができます。この写真ではカップボードと壁の色をダークトーンの色使いをしていることでキッチン全体を引き締める印象だけでなく、他の部分も彩度が低いアイテムを採用することで、全体コーディネートがうまくいった例ではないでしょうか。黒いキッチンが必ずしもシャイニーな黒やマットな黒を使わなければならないというわけではなく、トーンを揃えることで空間の印象をコントロールすることができます。

黒いコンロを採用する

あまりめずらしいアイテムではないですが、黒いコンロは、やはり黒いキッチンには欠かせないアイテムでしょう。写真はガスコンロですが、IHも黒いものが主流ですので、黒い空間にはより一層マッチするでしょう。写真のような黒いキッチンの場合は、やはり黒いキッチンをダウンライト明るくすることでラグジュアリーながらも親しみやすい印象のキッチンが作れるのではないでしょうか。また壁から離れた黒いキッチンは白い壁とのコントラストが生かされおり、キッチンの存在感を高めています。

黒のキッチンにマッチする床と壁

黒いキッチンをデザインするときに悩ましいのが、近くの壁や床。確かに黒いキッチンはかっこいいですが、キッチンの空間全体を考えたときに、マッチしていないとその価値は半減してしまいます。基本的には黒い壁や床がマッチしますが、空間全体が重たくなってしまいます。そこで考えたいのが、ダークトーンで揃えるか、素材感を変える方法。例えばシャイニーなキッチンであればマット調の壁や、木質素材でも黒から茶色のトーンがうまくマッチします。素材感を変えることで、印象は暗いですが、メリハリがつきますので、単調になりにくいはず。ぜひ検討してみてください。写真は株式会社クレールアーキラボの首里・桜の家。

黒いキッチンに置くツールとは

施行事例: mukaiが手掛けたキッチンです。
mukai

施行事例

mukai

黒いキッチンは、それ自体の主張が強いアイテムですので、やはり周りのツーツなどはカラフルなものがマッチします。黒い印象の空間の中では彩度が高いアイテムが目立ちます。他には白系のアイテムは極端なコントラストになりますので、メリハリをもたせたいときにオススメです。シックな印象をもたせたい場合はあまりたくさん物を置かず、ポイントポイントでデザイン性が高いアイテムを置いてみてください。かなりモダンな印象のキッチンに仕上がるはずです。モダンな印象のキッチンはこちらからも見ることができます。

黒いキッチンのデコレーション

黒いキッチンは、そのデコレーションが難しいと思われがちです。しかしツールと同じようにデザイン性が高く、彩度、明度共に高いアイテムでデコレーションすることがオススメです。黒い印象の空間で、アイテムが浮き上がりますので、印象が格段に変わります。写真のように赤いスツールなどはアイキャッチになりますので、ただ黒い、暗い空間にならず、モダンなレストランのような印象のキッチンに仕上がるはず。あとは金属系でとくにシルバー色のアイテムがオススメです。ぜひトライしてみてください。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】

対面式キッチンvs壁付きキッチン

キッチンを使いやすくするために押さえておきたい6つのこと

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼ 

募集ページはこちら

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!