歴史を大切に繋いでいく和風の家

mami.k mami.k
Loading admin actions …

縁側があり、四季折々の顔を見せる庭を眺められ、自然素材のものに囲まれて暮らす。そんな和風建築に日本人なら誰もがぴんと背筋を伸ばすような気持になり、また落ち着きを感じることが出来るのではないでしょうか。日本人としてのルーツを感じながら暮らす和の家をご紹介します。

月見窓のある家

三つの庭のある家: ATELIER TAMAが手掛けた家です。
ATELIER TAMA

三つの庭のある家

ATELIER TAMA

ATELIER TAMAの手によるこちらの住宅は、玄関の月見窓とも呼ばれる丸窓や、格子の引き戸、重厚感のある瓦屋根、趣のある中庭などが日本の美を添えており、落ち着いた和風の雰囲気を演出しています。暮らしやすい現代的な家屋でありながら、端々に伝統的な日本家屋のエッセンスを添えることで日本人なら誰もがゆったりと落ち着きを得られるような空間になっています。

囲炉裏のあるリビング

リビング - 中庭: 有限会社 TEAMWORKSが手掛けたリビングです。
有限会社 TEAMWORKS

リビング - 中庭

有限会社 TEAMWORKS

こちらは京都の町屋風の住宅です。敷地内に内路地がある解放感のある町屋らしい造りになっており、枯山水風の中庭が望めるリビングには家族の慎ましい幸せの象徴のような囲炉裏があります。渋みのある板張りや落ち着いた色合いの古建具が美しい和風の空間です。

モダンの中に和のエッセンスを

コンクリート造りのモダンな外観でありながら、玄関前の日本庭園風の庭や、曲線の美しい松の木が和の雰囲気を醸し出しています。屋内には伝統的なスタイルの茶室があり暖炉のあるリビングなど、モダンな印象の部屋と無理なく馴染み和洋折衷のバランスの良い空間が出来ています。コンクリートに木枠の窓が斬新的でありながら確かに落ち着く和のエッセンスを外観にも与え、新しい形の和風建築と言えます。

築100年の蔵屋敷

こちらは築100年の蔵屋敷を改装、増築した住宅です。改修した蔵屋敷部分は歴史を出来るだけ保存すべく伝統木構造で造られています。梁や床の間が美しい和室や赤い瓦屋根で構成された和風の空間です。時間を経たからこそ生まれる深みに落ち着きを感じます。新築部は屋根の色や自然素材の壁といった共通項を持ちつつも対になるよう各部の素材や色を変えて造られており、モダンな印象になっています。

家族の歴史とともに歩む家

手斧削りの美し い梁組み: 吉田建築計画事務所が手掛けた和室です。
吉田建築計画事務所

手斧削りの美し い梁組み

吉田建築計画事務所

造園業を営むご夫婦が自宅兼仕事場として再生を希望されたこちらの住宅は、90年以上前に建て替えられたという古民家をお祖父様から受け継がれたものです。外観は白い漆喰と黒い板張りのコントラストが荘厳な印象です。屋内に入ると材木を扱う家業の家らしく、力強さを感じる手斧削りの梁組が美しい土間が広がります。家業と共に時間を重ね、これからも生きていく力強い日本の家です。

美しい瓦屋根

三田の農家-ANNEX/GAZEBO: eu建築設計が手掛けた家です。
eu建築設計

三田の農家-ANNEX/GAZEBO

eu建築設計

こちらは築15年の母屋と築70年の納屋、土蔵や離れが点在する昔ながらの農家です。三世代の女性で暮らすには広すぎるということで母屋以外を改装、整理したそうです。雪や風よけ、視線の遮断など役割を追っていた離れ座敷は残したままスペースを農作物の一時置き場や屋外での食事の場として活用しています。田園風景の広がる景色にも、離れ座敷の美しい瓦屋根がよく馴染んでいます。歴史との共生の良い一例です。

純和風の庭園を囲んで

竹格子が美しい玄関や趣のある瓦屋根が特徴的なこちらの住宅は、屋内はフローリング張りなど手入れのしやすい仕様ながら、その外観や純和風の庭園の存在感で重厚感のある日本家屋となっています。苔むした土に蹲踞や石灯籠が見られる庭は日本人の琴線に触れる落ち着きのある景色となっています。

縁側から枯山水を眺める家

こちらは周囲の景観との調和を考え、モダンな雰囲気をプラスした和風住宅です。ノスタルジックな木枠の窓の茶と、深みを感じる瓦屋根の黒が美しいコントラストを描いています。日本家屋らしい縁側から眺められる中庭は枯山水風に造られており、四季を感じることの出来る木々が日本に暮らすことの素晴らしさを感じさせます。

蜜柑の木のある家

既存の庭をもとに造られた和風建築です。元々あった古井戸をそのまま活かしたり、縁側があり、蜜柑の木が植わっていたりと、懐かしさを感じる温かい日本家屋です。四季を彩る庭の中に現れる格子戸の玄関も静謐な雰囲気です。

近代的日本家屋

こちらの住宅は施工主様の「出来る限り自然素材を使ってほしい」というご要望の下に造られ、内部はスギ板張り、家具以外の建具を無垢材にしてあり、外壁は漆喰塗です。日本の素材を使うことで、モダンな雰囲気も持ちつつ、和の香りがします。解放感を得られるようにと一面縦格子にした家屋全面部の印象も清々しいです。近代的な和風家屋の一例です。

縁側でゆっくりと過ごせるような家に住むのが憧れです。みなさんの思い描く和風のおうちはどのようなものでしょうか。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!