岡本の家: アトリエ・ブリコラージュ一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

庭が無くても開放感が感じられる家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住宅地に家を建てると頭を悩ませるのは、敷地の広さかもしれません。多くの人が家を建てることになる住宅ですが、土地代は決して安い訳でなく、そのため広い敷地を確保することは簡単でないでしょう。広い敷地が無ければ、庭などを造ることも難しく、開放感を得ることができなくなってしまいます。そこで紹介したいのは住まいの空間を活かして開放感を得られるようにした家です。それでは、そんな家を早速見てみることにしましょう。

住宅街に建つ家

今回紹介する家が建てられたのは兵庫県の神戸市。それは多くの建物を手がけるアトリエ・ブリコラージュ一級建築士事務所によって設計されました。その敷地があるのは多くの家が建ち並ぶ住宅街。家には生活に必要な駐車場を設ける必要がありました。そのため外の風にあたりながら時間を過ごせるような庭は造られていません。ですが本住宅では庭の代わりに開放感をもたらす空間が考えられています。

シンプルな外観

木造2階建ての本住宅は2つの建物が組み合わされた形になっています。通り側から眺めると、見えるのはグレー色でまとめられた四角の建物。外壁にはシンプルな形の窓が見えます。四角の建物に四角の窓は調和を生み出して、デザインの統一感を感じさせます。またそれ以外に装飾など見られれず、無駄な要素を省いたミニマルな印象を与えます。そして建物からは現代的な雰囲気を感じることができるでしょう。

明るく広々とした空間

家の中にも外観同様にモダンな空間が広がっています。2階にあるのはリビングルーム、ダイニングルーム、キッチン(LDK)が一体となった部屋。天井裏がない部屋は、天井が高く広々としています。そこには天窓が設けられて、暖かな陽の光が部屋を明るくしています。LDKは家族が集まる場所になりますが、こんな空間であれば、時間を忘れて楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

大きなテラス

このような家にあるのは大きなテラス空間。それはLDKのすぐ横に造られています。そこは木の板が敷きつめられてナチュラルな印象を感じさせてくれます。このような場所が果たすのは庭の役割。太陽の光を浴びたり、外の風にあたったりと、気持ちの良い時間を過ごすことができます。そして庭が無くても開放感が得られる場所になるでしょう。

もう1つのリビングとなるテラス

またテラスの周りには隙間を空けて木の板が張ったルーバーが取り付けられています。それは目隠しの役割を果たして、外からテラスの中の様子を見せないようにします。そのためテラスは壁のある部屋のように見えるかもしれません。もちろん、それは外の風や日射しを遮ることなく、開放感を損なうことはありません。そして、天気が良ければ、テラスはもう1つのリビングとして、家族の憩いの場となるのです。このような家であれば、たとえ庭が無くても開放的な生活が送れるに違いありません。

開放感が得られる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!