リビング: 有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けたリビングです。

心地よく外部と繋がる交差点の家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

角地に家を建てると採光や通風などメリットが大きくなる反面、外部からの視線などプライバシー性に乏しくなりがちですよね。プライバシーを確保しながらも開放的で明るい住空間を叶えるにはどんなアイデアがあるのでしょう。ご紹介するのは交差点に建つ坪庭のある住まいです。有限会社角倉剛建築設計事務所が手がけるこちらの「交差点に対して坪庭を持った角地の家」は、人や車の行き交う交差点と住空間の間に設けらた緩衝スペースのような坪庭によって心地のいい住空間が広がっています。坪庭を設けることによりプライバシーを確保しながらも、心地のいい太陽の日差しや緩やかな風を感じられる住まいです。

坪庭に開いた開口が特徴的な外観

敷地があるのは都内の賑やかな住宅地。交差点の角地に建つ本住宅は、一見は日当たりが十分に確保できる良好地に感じられるかもしれません。しかし、日当たりが良いというメリットの反面、外部からの視線を受けやすくプライバシー性が希薄になりがちなデメリットもあるようです。接道から見る本住宅はホワイトカラーでまとめられた外壁に、道路側には住空間と外部を緩やかに繋ぐ「坪庭」に設けられた無数の不規則な開口が印象的なシンプルなデザインです。

スケルトン階段で奥行きのある空間に

玄関エントランスへと踏み込むと真っ白な壁と天井、滑らかな質感の木素材のフロアが気持ちのいい空間です。玄関土間に立てば正面には鉄骨のスケルトン階段によって視界を遮ることなく、室内の奥まで視線が伸びる奥行きを感じられる空間です。玄関周りにはお出かけ前の身だしなみチェックに役立つ大きな姿見や、アウトドア用品が容易に収納できるスペースまで確保され、住まう人の生活スタイルにフィットした機能的な住空間です。

坪庭を望む明るいリビング

水回りや、寝室がまとめられた静かなスペースから一変、二階リビングは明るく開放感をたっぷり味うことのできる空間です。リビングスペースを起点に、書斎スペース、ダイニング、坪庭、螺旋階段から3階の子ども室へなど、各室へとアクセスすることが出来ます。開放感あふれる空間ながらも、プライバシー性をしっかりと確保してくれるのは坪庭に設けられた外部との間のランダムな開口。勾配天井で十分な高さのある住空間は、坪庭に面した開口にハイサイドライトを設け、角地のメリットを存分に生かしたデザインです。

外部と緩やかに繋がる坪庭

屋外スペースの坪庭へと出てみると、外壁に囲われたスペースながらも真っ白な壁に周辺の風景を切り取ったようなピクチャーウィンドウが爽快で気持ちのいい空間に。広い壁に飾られた絵を見るような感覚も味わえるかもしれません。ダイレクトに差し込む太陽の日差しが白い壁に反射し拡散していく様が日の移ろいをも感じさせてくれます。テラスの床の一部をグレーチングとすることで、溢れる光や家族の気配を一階のテラスとも共有することが出来ます。

ホワイトカラーに包まれるシンプルなバスルーム

バスルームやトイレなどの水回りはちょっぴりコンパクトにまとめられたシンプルな空間。ホワイトカラーで統一させたミニマルインテリア、長方形のスッキリとした間取りとシンプルな間仕切によって空間の広がりと奥行きを感じることが出来ます。いくつか設けられた開口は、人の目線より高かったり、坪庭に面したりと光を取り込みながらも安心感のもてるデザインです。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!