森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた家です。

平屋の美しい外観10選

Manami Sakaguchi Manami Sakaguchi

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

平屋は建築物の構造上としては最も単純なものであり、古くから幅広い用途の建築物に用いられてきました。そんな平屋は動線が水平方向のみで構成されるため、人目が行き届きやすく小さなお子さんがいるご家庭や、階段の昇り降りが難しい人にとって最も適している住宅だと言えます。また日常的な生活をワンフロアで完結できるため、家事もしやすくなっています。そんなたくさんのメリットをもつ平屋の外観はどんな感じなのか、今回紹介したいと思います。

真ん中が浮いてる平屋

「林の中に住む。」: 丸山晴之建築事務所が手掛けた家です。
丸山晴之建築事務所

「林の中に住む。」

丸山晴之建築事務所

こちらは福井県を拠点に活動する丸山晴之建築事務所が手掛けた平屋の外観です。盛土をした木々の中、建物の中心を浮かすことで建物内部だけではなく外部にも庭の連続性を確保し、庭の気配や通風遮らないようにされています。また屋根の軒先部分を薄くすることで、夏の日差しを抑えたり眺めをよくしたりしています。またあえて縁側を設けず庭とファサードが直接繋がるようにしたことで室内と室外の一体化を図られました。平屋は庭も部屋もひとつづきの感覚を生み出し、つねに庭の土や緑を感じながら生活することができます。

撮影:明 直樹

シンプルな中にある美しさ

大きな屋根のいえ: miyukidesignが手掛けた家です。
miyukidesign

大きな屋根のいえ

miyukidesign

こちらは岐阜県を拠点に活動する株式会社ミユキデザインが手掛けた住宅です。ひとつの大きな箱の中にまた箱があるような、そんな感じのするシンプルで斬新な外観ですね。平屋はワンフロアで構成されるため、どこにいても何となく家族の気配を感じることができます。クライアントさんが望んだのはまさにそのことでした。軒先を深く低めにすることで落ち着いた空間をつくりだし、楽しい話し声が聞こえる大きな方形の屋根がふわりとかかった平屋となっています。

赤い屋根の平屋

ホロロの空と海: くりえいと創が手掛けた家です。
くりえいと創

ホロロの空と海

くりえいと創

こちらは北海道を拠点に活動するくりえいと創が手掛けた20坪の平屋です。赤い屋根が特徴的なこちらは丹頂鶴が生息する鶴居村の雄大な自然に囲まれた杜に隣接した場所に建っています。そんな住宅の南側は全面を断熱サッシと複層ガラスで構成され、全長に渡る水盤に反射した光が室内へ揺らぎながら入り込みます。穏やかな春の野花、夏の太陽、秋の実り、白銀の雪など四季それぞれの自然を身近に感じ楽しむことができる、そんな素敵な住宅です。

周囲を壊さない外観

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた家です。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

多くの緑と豊かな敷地条件を最大限に活かし、なおかつ建物によって周囲の環境を壊さないことや自然素材にこだわった長寿命な住宅にすることをテーマに建てられたこちらの住宅は、埼玉県を拠点に活動する株式会社 けやき建築設計が手掛けました。この建物の大きな特徴は建物の外周全てに回廊があることと、その回廊が浮いていることです。大きな梁によって支えられた回廊は、まるで舟のような印象を与えてくれます。また平屋には大きな窓を設けやすく、風が通り抜ける道が生まれます。

photo(c)KAWABE Akinobo

凹凸があることで生まれる美しさ

外観: space craftが手掛けた家です。

こちらは長野県を拠点に活動するSPACE CRAFTが手掛けた平屋の外観です。壁がまっすぐではなく凹凸をつけることで外観に美しい変化が生まれています。また回廊から見える屋根の裏部分が木材でできており、回廊に表情がついていますね。大きな開口部から室内のあたたかい光が外に溢れだし外観全体にあたたかい印象を与えてくれています。

素材にこだわった平屋

まわりに田園が広がるのどかな環境のなか、母屋の隣に趣味の家を増築されたこちらの住宅は、埼玉県を拠点に活動する八島建築設計室が手掛けました。クライアントさんからの「埼玉県で育った木を使って、木の家を建てたい。」という要望に応えた素敵な木造平屋建ての住宅となっています。平屋が醸し出す安心感と、木のぬくもりと室内の灯りが視覚的にもぬくもりを感じさせてくれます。

自然のなかに建つ平屋

長野県軽井沢町にあるこちらの別荘は長野県を拠点に活動するLIFE環境デザイン一級建築士事務所が手掛けました。周辺環境とのバランスを第一に考えて建てられた平屋の住宅の外観デザインは、景観に配慮した色彩計画とし素材も板壁とされています。夜はこの建物そのものが行灯となり、景色の中に優しく存在するように照明を計画され、夜、訪れる人の目を楽しませてくれます。日々の生活に疲れた時にここを訪れることで元気になれる、そんな癒される空間ですね。

新鮮な和を感じる外観

こちらは大分県を拠点に活動する長谷雄聖建築設計事務所が手掛けた、城下町に建つ住宅です。周辺に落ち着きと静けさの中に新鮮な和を感じさせる住宅となるようにと考えて計画されました。外から玄関へと続くアプローチ部分の空間が切り取ったような形となっていることで外観におもしろい表情を与えてくれています。

梁が美しい外観

夜の外観|mat house: KAZ建築研究室が手掛けた家です。
KAZ建築研究室

夜の外観|mat house

KAZ建築研究室

群馬県を拠点に活動するKAZ建築研究室が手掛けたこちらの個性的な住宅は、13本の梁が外に張り出しています。夜になると光と影をつくりだし、昼とはまた違った印象を外観に与えてくれています。左右両端は梯子にもなっており芝生の屋根に登ることもできます。そんな芝生の屋根に寝転がって空を見上げると綺麗な星々が輝いていることでしょう。何も考えずにぼーとできる空間がここに存在しています。

ほっとする外観

こちらは愛知県を拠点に活動する小栗建築設計室が手掛けた、共働きのご夫婦二人のための住宅です。そんな忙しいお二人が求めたのは「帰ってきた時に心からくつろげる空間」と「この土地にあった外観」でした。そこで土地の記憶を辿り屋根形状を決め、景観と温熱負荷軽減に配慮して芝生の屋根にされました。室内が快適でくつろげることも大切ですが、外から帰ってきて家が見えた時に、無意識にほっとする外観であることも大切だと思います。

平屋については、こちらの記事でも紹介しています

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?   

※ 平屋をより住み心地のいい家にする6つのポイント   

※ 平屋の魅力まとめ6選

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀
募集ページはこちら

美しい外観の平屋はいかがでしたか?ぜひ感想をお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!