機能とアイデアが光る!収納上手なキッチン

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

料理好きな人も、たまにしか家で料理しない人でも、きれいに片づけられたキッチンに足を踏み入れたとたん、クリエイティブな意欲がどんどん広がってくるに違いありません。しかし、最近は楽しいキッチンツールやお洒落な家電が手に入るので、気がついたらキッチンに物があふれている… なんてことにもなりかねません。今回は、いつでもすっきり片づけることができる機能とアイデアが光る収納上手なキッチンをご紹介していきます。

こちらのアイランド型のキッチンの後ろには大きな収納スペースが設けられました。写真で見てわかるように観音開きの扉はスライドして隙間に収納することができます。扉をすべて収納してしまえば作業台として使うこともできます。そして電子レンジやミキサーなど大きな電化製品もすぐに使うことができるので、作業をする動線の単純化を図れます。そして、扉を閉めればまるで木の箱のようになってしまい空間の美しさを損ないません。これはまさにデザイン的にも機能的にも優れている、考え抜かれたキッチンの収納と言えるでしょう。

Yeme + Saunierが手掛けたキッチン
Yeme + Saunier

Cuisine – Yeme + Saunier / St. Maur

Yeme + Saunier

高い位置にある吊戸棚をこのようにつなげてみるアイでははどうでしょうか?抑えた緑色の壁があってこそ光るアイデアですが、一見普通の白い戸棚をこのように取り付けることでキッチン空間に楽しい表情が加わります。もし予算がなかったり、特別なキッチン家具が買えない場合でもアイデア次第では他のデザイン家具にも劣らない演出ができますね。もちろん収納の量もこれなら十分取れますし、一段下げたところには本やアクセサリーなどをディスプレイすることもできます。

homifyが手掛けたキッチン

こちらはリフォームをした小さめのマンションのキッチンです。キッチンで使うものはすべて右側の収納部に片づけてしまいました。この中には冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、そして調味料類がピタッと納まっています。せっかく居間でゆっくりしたいのにいろいろなものが目に入っては落ち着きません。収納部の扉も白木の仕上げで床や他の造作物と調和させてインテリアとしてもお洒落な空間になっています。

こちらのお宅の奥様はご自分でも陶器を焼かれるそうです。そのため、陶器や食器類を多く収納する場所が必要でした。こちらのキッチンにあるのは比較的重い和食器の重量に十分耐えるスライドレールを使用した引き出しです。この引き出し式の収納ですがとても使いやすく出し入れにもとても便利です。引き出しを開けるときれいに並んだ食器が一度に見渡せるのも引き出し式の収納の利点です。

simplehumanが手掛けたキッチン
simplehuman

50.2cm pull-out organiser

simplehuman

シンク下の収納部分ですが開き扉になっていると使い勝手が悪いものです。この場所には結局普段使わないものや、行き場を失った物たちが入ることになってしまい、いざ使おうと思ったとき、奥に入ったものが見つからなかったりしてイライラすることになります。さて、こちらはそんな問題を解決してくれるスライド式の引き出しです。それぞれに9㎏までの物をしまうことができるので重い鍋や重ねた食器なども安心してしまうことができます。これなら一瞬で使いたいものに手が届きますね。こちらの製品を提供しているのはイギリスのSIMPLEHUMAN。キッチンやバスルームがよりお洒落で使いやすい空間になるように様々なアイデアを形にしています。

たっぷりともうけられたキッチンの収納部です。4枚の引き戸を全てスライドさせることでどこに何があるかが一目でわかります。これならここで作業するときの動線がシンプルになりますね。そして言うまでもないことですが、中が多少ごちゃごちゃしていても戸をすべて閉めてしまえばすっきり見えるので、毎日の片づけに神経質になることはありません。

こちらの住宅は決して広くはない敷地に建っていますが、その面積を感じないほど家族がのびのびと暮らしています。この家のキッチンには余分なものがありません。居間から見るとキッチンには吊戸棚も食器棚もありません。限られた面積の中で暮らすということは必然と本当に好きなものだけをえらびそれを大事に使っていくことになるのだと思います。キッチンカウンターの下部にもちろん収納場所はありますがコンパクトに楽しく生きていくためには大きな収納場所は必ずしも必要ではないのでしょう。

京町家改修: 長崎工作室が手掛けた廊下 & 玄関です。
長崎工作室

京町家改修

長崎工作室

こちらのキッチンは長屋形式の京町屋をリフォームしたものです。作業台後ろに大きな収納部を設けましたがこれだけ広いスペースがあれば料理に合わせたお皿や器が好きなだけそろえることができます。そしてここに収納されたそれらはガラス戸を通してその存在を暮らしの中にアピールすることができます。写真奥にある出入り口のガラス戸と収納部のガラス戸のデザインをそろえることでキッチンが町屋の空間に調和しています。こちらの家を設計したのは長崎工作室。町屋の良さを残しながら、この家を風通しの良い空間として再生させました。

写真:Eiji Tomita

ワイン好きの人たちにとってワインの収納場所も困りものです。もちろん自宅に素晴らしいワインセラーがあれば問題ないのですが、床に置いておくのも、棚にワイン用の台を作って並べておくのもすっきり見せるのにはテクニックが必要です。では、ワインをこちらの写真のように壁に穴をあけそこに入れてしまうというアイデアはどうでしょうか?まるでアートの一部のようにも見えます。こんな遊び心のある収納のアイデアは見ていて楽しくなります。

こちらはバルセロナにあるアパートのキッチンです。独創的なアイデアで奥行きのないキッチンスペースを仕切って通路にしました。ですからキッチンを通って奥の部屋に行くことになります。しかしそのおかげで長い通路に沿って大きな収納場所を設けることができました。ここにはキッチンで使う物だけではなく、その他多くの物を収納することができます。グレートーンでまとめたキッチンはまさにインテリアの一部になっていますが、床を意図的にはり分けたところに設計者のセンスが光ります。

機能とアイデアが光る!収納上手なキッチン、楽しく読んでいただけましたか?是非コメントを書いてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!