3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けた家です。

開放的な生活を可能にする開かれた家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

現代社会で暮らすには、家を開放的にするのは簡単ではありません。家が外に開かれれば、家に入りやすくなり、防犯がおろそかになってしまいます。またそれだけでなく、外から内側の様子がわかりやすくなるため、家の中のプライバシーを守ることは難しくなるでしょう。そのため外に開かれ、開放感が得られるような家を建てるのは簡単ではありません。そこで今回は外に開かれた空間を持つ家を紹介したいと思います。

モダンで近未来的な外観

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けた家です。
M設計工房

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家

M設計工房

今回家が建てられたのは神奈川県の藤沢市。家は住宅街の一角に建てられました。家を手がけたのはM設計工房。建てられたのは2階建ての家。その外観は、多くの家が建ち並ぶ場所では、少し目立つかもしれません。それはシルバーの外壁を取り付けた箱型の建物が組み合わされたもの。そのため、遠くから見ると、どこか近未来的な印象を与えるかもしれません。

木の暖かさを感じさせる空間

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けたダイニングです。
M設計工房

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家

M設計工房

家の中に広がるのは、木を活かした暖かな空間です。リビングルーム、ダイニングのある一角は、至る所で木の茶色を見ることになります。床のフローリングや家具などは木を素材としているため、部屋にはナチュラルな雰囲気が生み出されています。また自然素材だけでなく、障子を使った空間の仕切りなどで、家の中では優しい印象が感じられるでしょう。

階段を活かした収納

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けた廊下 & 玄関です。
M設計工房

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家

M設計工房

このような家には木の階段が設けられています。そこに見えるのは引き出しや戸が付けられた階段下の空間。それは引き出しや戸棚になっており、収納空間として使うことができます。そして倉庫などの手の届かないところではなく、生活空間の中に、様々なものを保管しておくことができます。そのため荷物などの保管に困ることはないでしょう。

開放感を生み出すテラス

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けたベランダです。
M設計工房

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家

M設計工房

家の2階にあるのはテラスです。それは狭い空間ではなく、ゆったりとした空間になっています。そこにあるのは床部分を覆う木の板。それは家の中同様にナチュラルな印象を与えてくれます。このような場所では太陽の光を浴びたり、その風にあたったりと、庭のような役割を果たすことになります。そしてたっぷり開放感を感じることができるでしょう。

中庭が可能にする外に開かれた場所

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けたベランダです。
M設計工房

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家

M設計工房

本住宅で忘れていけないのは1階に作られた中庭部分です。それは家の建物に3方を囲まれており、家の中から簡単に移動できる場所になっています。そこにはウッドデッキが設けられており、家との間にあるガラス戸を開放すれば、デッキと家の内部は一体化します。そして家の一部が屋外であるかのような印象を与えるでしょう。またデッキのある中庭は、建物に囲まれており、外からは見えにくい場所になっています。そのため外からの視線を気にすることなく、くつろいだりすることもできます。こうして本住宅では中庭やテラスを活用して、外に開かれた空間が生み出されているのです。

開放的な家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!