YKSG: 株式会社建築工房DADAが手掛けたリビングです。

スキップフロアのある空間best5 – 高さを生かしたユニークなフロアプラン!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

「段差のないフラットさ」は、将来を見据えた際の暮らしやすさに関わる要素となります。高齢化社会やユニバーサルといったシーンを捉えた際、なるべく水平移動ができるように計画をされることもあるでしょう。しかし敷地に高低差があったり、土地の面積でそれが叶わない場合もあります。面積や敷地の特性をプラスに働かせるには、あえて段差を使った空間プランの方が魅力になるケースも多く見られます。今回ご紹介するのは、そのひとつとして活躍する「スキップフロア」の方法。間仕切りなどで仕切らず、段差によって空間を有効的に、また敷地内の高低差を吸収し、ユニークなフロアプランを生むスキップフロア。「縦につながる」空間の素敵な例を見てみましょう!

透明感が生きる、洗練された温もりのある狭小住宅

MIMASIS DESIGN/ミメイシス デザインの手がけたこちらの家は、木や鉄、ガラスなどの素材感が生かされたおしゃれな住まいです。スキップフロアのプランでは空間がひとつにつながるデザインも多くありますが、ガラスや窓、アイアンの格子などを取り入れ、程よい空間分けが巧みにデザインされました。木のフレームのガラス引き戸や窓、ペンダントライトで素朴な明かりが演出されたインテリアは、まるでヨーロッパのおしゃれな邸宅のようです。キッチン前の中庭は、都市の中でありながら程よく自然を感じられる場所。前面ガラスにトップライトもあるサンルームのようなデザインで、階下まで光を届けやすくなっています。狭小住宅でありながら、素材使いとフロアデザインによる洗練された住まいに仕上がっています。本住宅については「憧れのライフスタイルを叶える狭小住宅」で詳細をご紹介しています。

木をたっぷりと使ったデザイン住宅

I+I設計事務所(アイプラスアイ設計事務所)の手がけたこちらの家は、ファサードからインテリアまで、たっぷりの木が採用された住まいです。木の塗装の色を使い分け、モダンに仕上げているデザインがポイント。自然な経年変化を楽しめる色、シックなブラック、明るさを演出するホワイトと、温もりは失わず、同じ素材で洗練された雰囲気が生まれました。二階のLDKは屋根の勾配を生かした天井に、間接照明でムードたっぷりに仕上げられています。高さの異なるフロアによって、さらに視線が抜け、開放感のあるインテリアとなっています。外の桜の木などが見下ろせ、周囲の自然を眺めながらゆったりとくつろぎたい住まいです。本住宅については「狭小地に建つ自然派住宅」で詳細をご紹介しています。

バリリゾートを体感できる家

株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所の手がけたこちらの家は、バリのリゾートが好きな住まい手のための住まいです。文字通りバリリゾートを訪れたような、非日常感のあるラグジュアリーさを再現。プールのある中庭を中心に、スキップフロアによって視点に変化が生まれるプランがデザインされました。大谷石やウッドを使った内装も、より一層雰囲気を盛り立てています。暖炉のあるリビングや、プールを眺められるバスルーム、緑がたっぷりの中庭と、階段を上がり、下がるたびにムードのある空間が自然と目に入ります。日常を過ごす家でありながら、いつもリゾートへ身を任せているようなラグジュアリーさが魅力の住まいとなりました。本住宅については「バリリゾートの家」でほかの写真をご覧いただけます。


宙に浮かぶ中庭のある家

株式会社建築工房DADAの手がけたこちらの家は、敷地の高低差があり、なおかつ南側が高台になっている住まいです。この敷地の特性が、フロアプランのコンセプトになりました。敷地の低い道路面からはインナーガレージを設け、エントランスからスキップフロアで空間がスムーズにつながるようにデザイン。程よいレベル差の部分には靴などコレクションアイテムがまるでアパレルショップのようにおしゃれにディスプレイできる収納が設けられています。リビングへ出ると、見上げた先に宙に浮かぶ中庭が。外部へと視線が抜け、一層開放的な心地よい空間となっています。広々としたLDKではホームシアターやハンモックが設置でき、のびのびと遊び心のある仕掛けがたっぷりと含まれています。本住宅については「繋がりを感じるスキップフロアのモダンハウス」で詳細をご紹介しています。

中古住宅をワクワクする大空間にリノベーション

子どもたちの元気が全開、明るいスキップフロアのお家: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

子どもたちの元気が全開、明るいスキップフロアのお家

株式会社スタイル工房

株式会社スタイル工房の手がけたこちらの家は、もともとスキップフロアを持っていた中古住宅を購入されたものでした。それを、スキップフロアの良さをもっと生かし、お子様たちの声が家いっぱいに広がるような明るい暮らしを実現するためリノベーション。間仕切りをなくし、全体の空間がつながることでぐっと開放的に生まれ変わりました。ダイニングキッチンから畳のあるリビング、さらに階段を上った上階… と、上ったり下がったりがワクワクするような雰囲気が生まれています。ふと視線をやるといつも家族の気配を感じることができ、家全体の中で一体感が生まれるリノベーションとなりました。本住宅については「子どもたちの元気が全開、明るいスキップフロアのお家」で他の写真をご覧いただけます。

スキップフロアで敷地を生かした住まいのプランに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!