2階の中庭: 有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けたベランダです。

お庭も住空間も充実したバランスのいい家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

充分な敷地があると、どうしても住空間を広くゆったりと設けたくなりますよね。プライベートな広い空間はもちろん魅力的ですが、本当に心地のいい住まいを考えると、住空間をただ広く設けるだけではかなわないのかもしれません。ご紹介するのは、住空間も木外スペースもバランスよく設けられた住まいです。有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けるこちらの「建物と庭の計画」によって建てられた住まいは、住空間の広さに偏らない、屋外スペースのバランスにも着目したお庭と建物のちょうどいいバランスのとれた住まいが特徴的です。自然を感じる心地のいい空間は窓から覗くだけでなく、実際に充実したスペースとして行き来可能なお庭が決め手かもしれませんね。

シックな外観デザイン

敷地があるのは埼玉県熊谷市内の住宅地。接道から見る本住宅は一階部分を打ち放しコンクリートと二階部分を鋼板ブラックカラーでまとめられたクールでシックなデザインです。一階をコンクリート造、二階を木造とした混構造の本住宅、ボックス型のシンプルなフォルムながらも接道に面する外壁には植栽がバランスよく植えられ道行く人にフレンドリーな印象も感じさせています。

開放感を感じる階段スペース

屋内の階段スペース、階段下から上階を見上げるとワイドな開口が開いた開放感の溢れる気持ちのいい眺めを味わうことが出来ます。クールなコンクリート素材と温かみのある木素材が一体的な空間を作るインテリアはスッキリとモダンでありながら、温もりある居心地のいい空間を作っています。

庭を身近に感じるリビング

ホワイトカラーをベースに、ダークブラウンの木フロアと造り付けの家具が印象的な上品で落ち着きのあるリビングインテリア。家族の集まるリビングスペースは豊かな庭を望むことが出来る気持ちのいい空間です。本住宅に設けられた庭の数はなんと建物の四隅と屋上庭園の5つ。敷地全体を見ると住空間と庭の割合が同等程かもしれません。ちょっぴり大胆なプランながら住空間から見る庭の風景は絶え間なく、自然を身近に感じることが出来ます。

しっとりと愉しむお庭の風景

和室スペースからももちろん、豊かな緑あふれるお庭を望むことが出来ます。和室のインテリアを印象的なものにするのは、市松模様の襖と息の合ったシンプルな畳のデザインが個性的な空間を作っています。雪見障子の先に広がるお庭の風景、どことなく風情を感じるしっとりと落ち着ける空間ですよね。

屋内外を一体的に感じさせるウッドテラス

ウッドテラスのあるお庭の風景は高低木彩り豊かな植栽に囲われた充実したスペースです。室内から見て愉しむ庭だけでなく、ウッドテラスを介して屋内外を緩やかに繋ぎ一体感と広がりの感じられるデザインに。住空間と庭のバランス、どちらも主役になれるような心地のいい住まいです。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!