収納力に優れた住まいにする方法まとめ

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

収納力に優れた住まいにする方法まとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
モダンスタイルの寝室 の Elfa Deutschland GmbH モダン
Loading admin actions …

収納力に優れた住まいは多くの方が望む住まいの1つのかたちだと思いますが、収納にばかりスペースを割いてしまうと、今度は生活空間が狭くなってしまいます。そうしたことから、物を納めるスペースは住空間との兼ね合いも考えながら、家の中の空間をうまく有効利用するような方法や場所に設けていくことがポイントとなるでしょう。そこで今回は、収納力に優れた住まいにする方法をまとめて紹介していきたいと思います。

収納する物や場所に合わせられる造作家具

収納力に優れた住まいにする方法としてまず挙げられるのが造作家具です。既製の家具を収納棚などとして利用する方も多いと思いますが、そうした家具は置く場所に対してぴったりの寸法のものを見つけづらいことから無駄なスペースを生みがちです。造作家具であれば、壁の幅にぴったりの収納家具とすることができるだけでなく、天井まで高さ方向にも空間を有効利用できる収納となります。また、インテリアにも統一感をもたらしてくれる家具となってくれます。

床下スペースを有効利用

畳の小上がりは床下収納を兼ねる の 株式会社 建築工房零
株式会社 建築工房零

畳の小上がりは床下収納を兼ねる

株式会社 建築工房零

壁面に床から天井まである収納棚などを設けることは、大容量の収納スペースを生み出す方法の1つですが、そうした壁面だけでなく、床下スペースも物を納めるスペースとして利用してみて下さい。特に、小上がりの和室を設ける場合は段差が自然と生まれるため、畳の下に収納スペースを設けやすくなります。大きな床面に物を納めることが可能となるので、非常に大きな収納スペースとなってくれるでしょう。

大きな収納力を生み出すスキップフロア

床下スペースで見たように、段差は大きな収納スペースを生み出すことを可能にします。そうしたことから、スキップフロアも優れた収納力を持つ住まいとする方法の1つとなります。スキップフロアは床面を高さ方向に調節しやすいことから、家の中にロフトのような空間をつくりやすく、そうしたつくりをうまく利用することで家の中に大容量の収納スペースを生み出すことができます。スキップフロアについては、「スキップフロアのメリットまとめ」も参考にしてみて下さい。

写真:45g Photography

日常的にも使いやすい納戸

納戸には物が乱雑に詰め込まれている薄暗い部屋をイメージする方も多いかもしれません。そこにはもちろんシーズンオフの衣類や暖房器具、あるいは捨てようか迷っている物など日々ほとんど使用しない物を納めると思います。そうしたものに加えて、日常的な物を納める場所としても利用しやすいように納戸をつくっていきましょう。そのために、納戸の配置場所も重要になりますし、納戸に納めたものを取り出し再び戻しやすいような収納の仕方にもしていくことが大切になります。

キッチンの収納力を高めてくれるパントリー

Teddington Kitchen Extension モダンデザインの ワインセラー の A1 Lofts and Extensions モダン
A1 Lofts and Extensions

Teddington Kitchen Extension

A1 Lofts and Extensions

家の中でも特にキッチンは豊富な収納力を付けておきたい方は多いでしょう。そのキッチンの収納力を格段に上げてくれるのがパントリーです。パントリーには食材をはじめ、食器類や調理器具まで台所にあるありとあらゆるものを納めることができます。これによって、キッチン自体もすっきりとして、シンプルで使いやすいものにもなるでしょう。

外の物も納めやすいエントリークローゼット

土間玄関 - 広い土間玄関のある家 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の ジャストの家 モダン
ジャストの家

土間玄関 – 広い土間玄関のある家

ジャストの家

エントリークローゼットとは、玄関の側につくられる収納スペースのことですが、靴などの玄関にあるものを納める場所となることはもちろん、こちらのジャストの家が手掛けた住まいのように、靴を履いたままエントリークローゼットに入っていけるようにすることで、自転車やガーデニング用品などの外の物まで汚れを気にすることなく出し入れすることができる収納場所となってくれます。

写真:ジャストの家

デッドスペースとなりやすい階段廻り

The Green Studio モダンデザインの 書斎 の Fraher and Findlay モダン
Fraher and Findlay

The Green Studio

Fraher and Findlay

家の中のデッドスペースを上手に収納スペースとすることは、住まいの収納力を高めるための有効な手段の1つです。家の中でもデッドスペースとなりやすい場所が階段裏など階段廻りです。階段裏の斜めのスペースも物を納めるとなると、有効利用することが可能な場所となります。そうした階段廻りも含めて、家の中のデッドスペースを上手く収納スペースとして利用していきましょう。

▼homifyで建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

※  建築家募集ができる無料相談ページ

収納力の優れた家で、すっきりとした使いやすい生活空間にしていきましょう!コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!