コンパクトながらも野菜作りが楽しめる庭付き!高台にあるお洒落な住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

どんなに小さい住宅でも、自分の家に庭用のスペースを持つことが出来たら、きっと生活が豊かになると思いませんか?今回ご紹介するのは、東京を拠点に活動する向山建築設計事務所が手掛けた高台にあるコンパクトでお洒落な家です。擁壁を上手に生かすことで、平凡になりがちな住まいのデザインがモダンになり、さらに家庭菜園を楽しむための庭スペースも確保されています。コンパクトながらも庭付きというお洒落で快適なこの住まい、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

3層に見える北側外観

住まいのロケーションは、神奈川県の高台にある住宅地。南側には緑地が広がり、北側は道路に面しているという敷地です。擁壁によって道路より3m高くなっている敷地は、もともとは売主によって造成が予定されていましたが、その前に今の住み手と土地の契約が成立したことで、この擁壁部分も住まい作りに利用することが出来ました。その結果、住宅は木造の地上2階建てですが、擁壁によって全体が3層となり、単調になりがちな北側ファサードの外観に変化がつきました。

庇と出窓がアクセント

擁壁部分を利用して作られた階段を上ると、住まいの玄関へと続きます。住宅部分は、真っ白なボックス型のフォルムをしていて、コンパクトながらもモダンでお洒落な印象。1階部分に設けられた大きな出窓と庇によって、北側ファサードのデザインにアクセントが加わり、さらにシックな外観になっていますね。

広い南側の開口

南側から見た1階のリビングの様子です。ナチュラルを基調として、居心地が良さそうな落ち着いた雰囲気。北側に比べ、庭に面しているこちら南側の開口部は、かなり広めとなっています。天気のいい日にこの窓を開け放てば、光や風が室内に届けられて、きっと気持ちがいいことでしょう。外にはウッドデッキも設けられ、日向ぼっこをしたり読書をしたりと、リビングに負けないくらい快適な場所になりそうです。リビングの奥には和室スペースがあります。

家庭菜園を楽しむ庭

違う角度から見たリビングとその向こうに広がる庭の様子です。庭で家庭菜園を楽しみたいというクライアントさんの希望と叶えるために、建築家は住宅の建物のレイアウトをコンパクトにまとめることで、庭のスペースを確保したそうです。でも、コンパクトとは思えないくらい開放感があって、緑と一体となった気持ちのいい住まいとなっていますね。野菜や花の成長をリビングから眺めるのも、生活の楽しみの一つとなりそうです。

木の温もりが優しい明るい階段

優しい木の色味が特徴的な階段部分。吹き抜けとなっており、住まいの1階と2階を空間的につなぐ大事な役割を果たします。手すりやステップを板で組んだシンプルな作りになっており、毎日軽やかな気分で階段を上ることが出来そう。大きな窓も設けられているので、開放感のあふれる明るい階段となっています。

清潔感のあるバスルーム

白で統一された、清潔感のあふれるバスルームの様子です。シンプルな作りですが、開口から差し込んでくる自然光が気持ちのいい、明るい空間となっています。湯船に浸かりながら、窓から空を眺めたり、とにかく何も考えずゆったりとくつろいだりと、自分好みのバスタイムが過ごせそうです。

コンパクトながらも庭のついた、高台にあるお洒落な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!