「アネックスのある家」: Kenji Yanagawa Architect and Associatesが手掛けた書斎です。

離れに設けた優雅な書斎のある家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

豊かな自然と大らかな土地に家を建てるなら「離れ」を設けるのも一つですよね。母屋から離れた空間は、独立した空間を自由に使うことが可能です。趣味やゲスト用に書斎やアトリエなど、理想の空間を叶えたいですよね。ご紹介するのは、自然豊かなロケーションに建つ離れのある住まいです。KENJI YANAGAWA ARCHITECT AND ASSOCIATESが手がけるこちらの「アネックスのある家」は、眺望に恵まれた良好なロケーションを生かすべくダイナミックな開口が特徴的なモダンな住宅です。ゆったりとした敷地には母屋と離れがあり、ウッドテラスを介して離れへとアプローチすることが出来ます。周辺の自然を堪能しながら離れというちょっぴり贅沢な空間を持つ住宅です。

連なる大きな開口が特徴的な外観

兵庫県神戸市内の閑静な住宅地の一角、見通しのいいロケーションに建つ本住宅。夕景に見る外観は、ボックス型のフォルムに大きな開口が特徴的なヴォリュームがいくつか連なったデザインですデッキテラスと繋がる「離れ」。夕景に見る外観は室内の明かりが大きな窓を強調し、一段とフレンドリーで温かな印象を醸し出しています。周辺の豊かな自然と開いた眺望は、どこか優雅で贅沢な雰囲気を感じることが出来ます。

デッキテラスと繋がる「離れ」

大開口に面するウッドテラス、浮遊感すら感じられる開放的で広々としたテラスを進むと、離れにある書斎へとアプローチすることが可能です。母屋からもウッドテラスからもアプローチが可能なフレキシブルさを持っています。完全に独立した空間でありながら、母屋のデザインと同様に統一感のある離れ、遠目からは横に広く配置されたゆったりとした印象を感じられるかもしれません。

メゾネット式のプラン

一階に位置する書斎スペースから見る内観。メゾネット式のプランで吹き抜けのある書斎スペースは天井の高い開放的な空間です。二階スペースには水廻りをまとめたサニタリースペースに。コンクリートと明るいトーンの木素材でまとめられた内装仕上げはどこかクールでありながら柔らかさと上品さを感じるシンプルなインテリアです。

空間を贅沢に使い切る

視点を変えて階段スペースから見ると、母屋側の壁には大きく開くハイサイドライトのある視界の広がりを感じる眺めに。最小限にまとめられたサニタリースペースによって書斎スペースは、贅沢にも大きな吹き抜けを最大限にまで広げられた気持ちのいい空間です。スケルトン式階段によって、奥まったスペースにも自然光が室内へと行き渡ります。

ロケーションを生かし、眺望を楽しめる大開口

書斎スペース、デスクへと腰を下ろすと目の前に広がるのはフロアから吹き抜けの天井まで開いたダイナミックでワイドな大開口とその先に広がる周辺の緑ある風景。爽快な空と豊かな自然を望む書斎スペースは何とも贅沢な居場所です。「離れ」に設けた書斎は、ちょっぴり日常からも離れたような距離感を味わうことも可能です。贅沢に「離れ」という空間を使い切った理想的な居場所ですよね。

気が付いたことがあれば是非コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!