庭と一つになる家: ユミラ建築設計室が手掛けた庭です。

観葉植物で心地よい住空間を作ろう

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

観葉植物は、屋内にも自然の優しさを取り込むために活用したいアイテムです。特に都市部に暮らす方にとって、緑に触れる場は貴重な物であり、観葉植物はストレスフルな生活に安らぎを与えてくれる働きもしてくれます。なかなか植物の手入れに時間が取れない方も、土いじりが好きな方も、それぞれに合ったグリーンを取り入れてみてはいかがでしょうか?今回は、いろんなタイプのご自宅用植物をご紹介していきます。

観葉植物を取り入れよう!

観葉植物が人の心に及ぼす影響については、すでに研究がされており、ちょっとしたグリーンは見る人の心をリラックスさせてくれる作用があるとされています。植物を育てるのには才能が必要ですが、手が及ぶ範囲のものを取り入れてみませんか?

こちらは東京都の建築家・ユミラ建築設計室の手がけた庭と一つになる家です。庭にも緑あふれるお宅ですが、室内にもいろんな観葉植物が所狭しと並べられています。天井から吊るすアイデア、おしゃれですね。

バスルームにもグリーンを

植物が持つリラックスを促す効果を、上手に取り入れたいのであれば、例えばバスルームにグリーンを取り入れてみるというのもアリかもしれません。こちらのバスルームは据え置き型のバスタブが浴室中央に置かれた欧米式のデザイン。窓辺に沿ってわさわさとした葉が茂っていて、見た目にも爽やかな雰囲気となっています。こんなおしゃれバスも素敵ですが、日本の一般的な浴室ならば、小ぢんまりした鉢を出窓などに置くだけで、ぐっと雰囲気が変わるはずです。

ミニマルインテリアにもアクセント

物が少なくてシンプルなデザインのリビングは、空間も広々と感じられて心地よいものです。物が少ないからこそ、逆に選び抜かれた素敵な家具が引き立ちます。こちらのお宅では、白く塗られたラフな壁構造にウッディな家具、窓枠に赤いソファが華やかに縁取ります。ミニマルな空間に素敵なアクセントを落としているのがあちこちに配置された大きな葉が印象的な植木たち。色味が抑えられているからこそ、グリーンがソファの赤に並んで素敵なアクセントとなっています。

初心者でも手軽に

観葉植物は素敵だけれど、植物との相性が悪い人、育てるのが苦手とおっしゃる方っていらっしゃると思います。ガーデニング初心者や、いわゆるブラウンサムと呼ばれるなんでも枯らしてしまう方でも育てやすい植物も、もちろん存在します。よく起こる失敗として挙げられるのが水をやりすぎてしまうこと。なので、そういう方は乾燥に強い植物を選ぶのがおすすめです。多肉植物やサボテンは、種類を選べば手があまりかからないと思います。それでも心配な方は、エアプランツが手軽でいいかもしれません。

家の中に植えてみる?!

観葉植物によって日当たりがよくないと育たないものや、逆に直射日光を嫌うものなど、特性が異なります。選ぶときには、置く場所を考えた上で決めたいものです。木のような大きなサイズのものを取り入れる場合、移動の必要性、またその場合の方法も考慮しておきたいところ。逆に、吹き抜け構造を持つお宅であれば、こちらのように室内に直接据え置く形にしてしまうのもアリ。水盤と木は、まるで室内に小さな公園があるかのような非日常感を感じさせてくれます。

見るだけでなく、食べてみよう

観葉植物は、観て愛でて楽しむものですが、花より団子という方もいらっしゃるかもしれませんね。見て可愛く、さらに食べられる、となるとより楽しめそう。そういう方ならば、ハーブを屋内で育ててみるというのはいかがでしょう?日当たりがよい場所があるならば、そこにプランタを置いてみるとよいかも。こちらのように壁に木の箱を取り付けると、省スペースでありながらも、見た目にもおしゃれになります。元々野草のようなものであるため、割と育てるのも簡単です。

Photo: Daniel Romeiro

上手に選んで楽しみたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!