程よい関係性が生まれる2世帯住宅

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

程よい関係性が生まれる2世帯住宅

JUTO JUTO
灯台の家: 富谷洋介建築設計が手掛けた家です。,モダン
Loading admin actions …

周辺環境との関係性を意識したこの住宅は、富谷洋介建築設計が手がけた2世帯住宅。それぞれの住居部分及び玄関を含む共有空間で構成されており、共有エリアである緩衝帯によって緩やかに繋がりながらも各領域が保たれ、必要に応じてプライバシーを調節することで程よい関係性が生まれる世代の異なる家族が暮らす住まいです。

周囲との関係性を意識した配置

戸建て住宅や集合住宅が混在する地域にある敷地は直行する2本の道路に面しています。そのため通りや隣家からの視線を交わしつつ外部空間との繫がりが生まれるような建物の配置や開口の位置が検討されました。無駄のない長方形のプランを採用し総2階の建物として計画。敷地に対してボリュームの軸を振ることで生まれる余白を駐車スペースや庭空間として確保しています。庭と繋がる大きな開口と道路に向って開かれた連続窓が印象的なモノトーンで仕上げたモダンな外観が目を引きます。

シンプルかつスタイリッシュな玄関

1階は親世帯、2階は子世帯。 玄関から繋がる階段ホール、水廻り空間、スタディーコーナーそしてバルコニーを共用エリアとし、各世帯を繋げる環境帯となっています。家族みんなの靴などを収納できるように 玄関土間には造り付けのシンプルな棚をたっぷり設けています。階段の吹抜けを通して2階からの光で暗くなりがちな玄関を明るく演出。階段下は窮屈感のないオープンなデザインを採用。

各世帯を繋げる緩衝帯

この住まいでは引き戸を積極的に使い、空間の繋がりを調節しています。手前は共有の水廻り、奥は親世帯専用エリアです。外観と同じく内部もモノトーンでまとめたシックなデザインが目を引きます。ただクールになりすぎないのはナチュラルな素材感の木も使っているから。センスの良い家具を合わせてスタイリッシュな住空間に仕上げています。異なる世帯を繋ぐ空間には色々ありますが、「土間で繋がる二世帯住宅」では共有エリアとして土間空間を採用しています。是非ご覧ください。

2階まで続く共有エリア

階段を上がると共有のスタディーコーナーとバルコニーに続きます。シンプルな造作のカウンターの前には計算されたポジションに適切な大きさの開口を設け、眺めを楽しみつつ籠もり感のある空間を演出。バルコニーを囲む壁は木のボードを採用し白塗装で仕上げています。浮かび上がる木の質感がクールになりがちなモノトーンの空間に温かみを添えています。

連続窓がもたらす開放感と抜け感

子世帯の住む2階は2方向に水平に連続窓を設け、道路上空の空間への抜けと西の河川敷への視線の抜けを確保しています。階段ホールとリビングの間にはインナー窓を設けているのでパノラマのように連続する眺めが得られ、実際の床面積以上の開放感を感じられます。黒いラジエーターや壁などがアクセントになった洗練された空間ですよね。

引き戸が大活躍するフレキシブルな空間構成

必要に応じて連続させたり仕切ることのできる引き戸が程よい関係性やプライバシーを生み出す空間構成が印象的です。フレキシブルに対応する間取りは様々な可能性や変化に富んだ空間体験をもたらしてくれるのがいいですよね。作り込みすぎないシンプルな造作収納も様々な使い方ができそうです。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ      

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ      

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

程よい距離感を感じられるスタイリッシュな二世帯住宅、住み心地が良さそうですよね。皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅, モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!