外観: 有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けた家です。

スキップフロアで構成されるスタイリッシュな集合住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

一戸建て住宅に見えるこのモダンな建物は、角倉剛建築設計事務所が手がけた2世帯用の集合住宅で、街並みに馴染む形態はちょっとだけ変形させることで周囲と一線を画す斬新さを見せています。外からは想像つかない空間構成がユニークな最小単位の集合住宅、さっそく見てみましょう。

控えめながらも目を引く外観

場所は都内の典型的な住宅地。周囲の戸建て住宅や賃貸住宅に見られる切妻屋根を踏襲しつつ壁面に変化を持たせることでユニークな外観を作り出しています。正面ファサードは閉じたデザインながらも前面道路に面して設けた1階と2階の玄関がアクセントとなって人目を引きます。「吹抜けのある上質な賃貸住宅」も今までにないデザイン性に富んだ賃貸集合住宅です。是非ご覧ください。

光で演出する印象的な佇まい

夜間の外観を見てましょう。建物長手方向のファサードにはたくさんの開口を設けています。隣家が迫っているので大きさや高さにも配慮し、プライバシーを保ちながら開放的な空間を形成。賃貸の集合住宅とは思えないデザインに凝った建物ですよね。内部の灯りが街並みを優しく照らし、印象的な佇まいを見せています。

位置にこだわった開口部

この長屋タイプの集合住宅、実は各世帯がそれぞれスキップフロアで構成されているんです。まずは下階の居室から見ていきましょう。右手のモルタル仕上げの部分が道路面とほぼ同レベルにある玄関です。隣家の通路に当たる方向に設けた開口は視線が交差しないように若干高い位置に配置。素足で歩いたら気持ち良さそうな上質のウッドフロアを採用。

スキップフロアで構成される変化に富んだ住空間

こちらの賃貸住居は3つの異なる床レベルで構成されています。玄関から半地下に下がる階段を下りると仕事部屋としても使える居室です。こういった空間構成はますます注目されてきているSOHOの需要にも対応できるのでこれから増えて欲しいですよね。その上部にも居室を設け、広がりと変化に富んだ空間を作り出しています。左手には壁付けのスタイリッシュなキッチンを配置。従来の賃貸集合住宅にはなかったシンプルでお洒落かつ機能性にも優れた空間になっています。

ちょっとしたアイデアで作り出すポエティカルなシーン

西日を受ける壁はオレンジ色に。木漏れ日が日の移ろいと共に様々な影を作り出し、内部空間を豊かに演出してくれます。さらに床面に設置したグレーチング材を介して下階に光を取り込み、暗くなりがちな半地下の居室を快適な空間にしています。

住性能にもこだわった快適な賃貸住宅

キッチンから続くのはハーフユニットタイプの浴室。洗面コーナーとは強化ガラスで仕切り、明るさと開放感を確保した使い心地の良い水廻り空間です。さらに半階上がると半地下上部に設けたベッドルームへ。無駄の無い間取りとディテールにこだわったデザインが際立つお洒落な住まいです。

大らかな空間を作り出す傾斜天井

次に上階の賃貸部分を見てみましょう。外階段でアプローチする玄関を入るとキッチンです。半階上がったワンルームとして繋がるリビングを含め天井は屋根の形状と構造を現し、ラスティックな雰囲気を演出。賃貸住宅では珍しい天井の高い空間が魅力的です。

生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチン

下階の賃貸と同じく壁付けの軽やかな印象のキッチンを採用。生活感を感じさせないスタイリッシュなデザインと賃貸集合住宅とは思えないですよね。シンクの正面には小さいながらも開口を設け、換気と採光を確保。たっぷりとした収納を設けた機能性抜群のキッチンです。

テーマカラーが彩る心地良い空間

キッチンと反対側の壁にはニッチを利用したスリット状の棚を設置。こちらの住居のテーマカラーはパステルブルーで、コーナーに設けた三角のバルコニーの壁にも採用しています。密集した住宅地であっても周囲と視線が交差することのない位置や角度に開口を設けることで明るく開放的な住環境が生まれます。重なるスキップフロアで構成される豊かな住空間、是非参考にしてみてくださいね。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

今までにない変化に富んだ賃貸集合住宅です。皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!