青葉町の家: 吉川弥志設計工房が手掛けた家です。

様々な素材とスタイルがミックスしたラグジュアリーな住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

様々な素材とスタイルがミックスした瀟洒な住まいを紹介します。設計を手がけたのは京都に拠点に活躍する吉川弥志設計工房。多様なエレメントをうまく調和させ、変化に富んだラグジュアリーな住空間を作り出しています。大きな開口で繋がる屋外空間も設けた開放感溢れる住まいです。

均整の取れたひと際目立つ外観

閑静な住宅街の一角にあるゆったりとした敷地は傾斜地に面しており、2方向を道路に囲まれています。敷地の低いほうにビルトインガレージを設け、高いほうは外階段を半階上がるアプローチを配置。黒い格子状の塀は緩やかに視線を遮りなおかつ趣きのある佇まいを演出。また打ち放しコンクリートや茶系と白色の塗り壁など、多様なエレメントが作り出す絶妙なコンポジションが目を引く外観です。パラソルが見える部分は2階のリビングから続くルーフテラス。

ふと目を留めたくなる外構

隅切りした敷地の角は丁寧な外構によって街並みに親しみのある雰囲気を作り出しています。夜になるとライトアップされ格子の塀と共に木々が浮かび上がり、ポエティカルなシーンを生み出します。通り行く人の心を和ませてくれるような演出が素敵ですよね。

風景を眺められるゆったりとした玄関

ポーチから三和土まで同素材のタイルを敷き詰めたエントランス空間です。土間のようなゆったりとした空間には床から天井までの大きな一枚ガラスの開口を設け、外部の坪庭と一体感を出しています。椅子を置くだけで、雰囲気のある特別な空間に。さらに壁に沿って間接照明を設置しラグジュアリーなエントランスを演出しています。

時と共に味わいを増す素材とデザイン

2階へ続く階段です。最初の数段と背面に使用しているのは天然石でしょうか、光によってより一層強調される質感が独特な風合いですよね。無垢のウッドフロアや踏板、手摺をはじめ、時間が経つと共に味わいを増していく素材とデザインが際立つインテリアです。「森に佇む瀟洒な家」も素材の使い方が際立つラグジュアリーな住まいです。是非ご覧ください。

屋外空間と繋がる開放的なリビング

こちらは陽当たりの良い2階に配置したLDK。コーナーに大きな開口を設けたリビングはルーフテラスへと繋がり、開放感あふれる団らんの場になっています。お天気の良い日にはプライベートな屋外空間で食事を楽しんだりくつろいだりするのも良いですよね。空間のアクセントになる打ち放しコンクリートの壁にテレビを埋め込みフラットに仕上げたリビングは、化粧天井に間接照明を設置し、雰囲気のある空間を演出しています。

フレキシブルな和室を是非取り入れよう

ラグジュアリーなデザインが目を引くこの住まい、和室も設けています。現代では不要とされがちな畳の空間、実は多目的に使えるのとやはり日本人にとっては落ち着く空間として見直されてきています。モダンなデザインが多い中、こちらは伝統的なスタイルを採用した本格的な和室。凛とした雰囲気が素敵ですよね。

ディテールの美しい非日常的な空間

さらにお茶室もあるんです。網代天井や砂壁などを取り入れ独特なプロポーションで構成されるこの和の空間には自然の姿をそのまま見せる床柱も採用。静寂の広がる茶室で侘び寂びの世界に浸るのもいいですよね。和室や茶室が気になる方、是非参考にしてくださいね。

素材感とデザイン性に富んだ豊かな住まい、いかがでしたか?皆さんの感想も聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!