犬山の家 / House in Inuyama: 市原忍建築設計事務所 / Shinobu Ichihara Architectsが手掛けた廊下 & 玄関です。

コンクリートの魅力を味わうシンプルハウス

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

「シンプルさ」を極めると、皆同じテイストやスタイルになってしまうと感じていませんか?同じシンプルさでも、好みや環境に応じて色んなシンプルさがあるのかもしれません。今回ご紹介するのは、ミニマルデザインにこだわったシンプルな打ち放しコンクリートの住まいです。市原忍建築設計事務 / SHINOBU ICHIHARA ARCHITECTSが手掛けるこちらの「犬山の家 / House in Inuyama」は、自然豊かな見通しのいいロケーションに建つシンプルなコンクリートの家。打ち放しコンクリートの魅力が存分に感じられる外観、インテリアは必見です。

見通しのいい立地をロケーションに

敷地があるのは愛知県犬山市内の眺めのいいロケーションにあります。急斜面にある本住宅、高台から見下ろす外観は打ち放しコンクリートの外壁が何ともクールで無機質な印象です。一見すると個人住宅なのか見紛うほどのシンプルなデザイン。建物のテイストは大きなコントラストを生むように、周辺には豊かな緑と遠くには町並みを望むことが出来ます。

簡素さを楽しむシンプルなファサード

接道から玄関を正面に見るファサード、唯一白い玄関扉によってその存在感を認識できるかのように、前面コンクリートの外壁に包まれた究極のシンプルなデザインです。一見すれば簡素にも思えるファサードですが、クールなコンクリート素材に映り込んだ周辺の植栽の影によって豊かな表情と自然を感じることが出来ます。

ブリッジのような通路と周辺の緑

階段を上がって上階へと進むと、吹き抜けスペースを横切るようなブリッジの廊下へと続きます。浮遊感すら感じる廊下には、スッキリとしたホワイトカラーのフレーム状の手摺に明るいトーンのフロアで柔らかな印象の持てる空間です。吹き抜けによって開放的な空間を愉しむというよりも、どことなく周辺の緑ある風景を切り取った開口との距離感とゆとりを愉しむような感覚が味わえるのかもしれません。

クールな空間に温かさを添える素材

室内は外観に見た打ち放しコンクリートのクールな印象にちょっぴり温かみを感じるインテリアが広がっています。開口フレームやフロアに用いられた明るいトーンの滑らかさを感じる木素材のフロアがコンクリートとは対極にあるような印象ながら、バランスよく溶け込んでいるように感じられます。廊下から一貫して統一された内装仕上げによって、シンプルながら空間の広がりをも感じることが出来ます。

周辺の自然を引き立てるシンプルなインテリア

内観角度を変えて見てみると、一面を使い切るようなダイナミックでワイドな開口が特徴的な空間です。フロアから天井まで一杯にひらいた開口は爽快感すら感じられるかもしれません。打ち放しコンクリートの簡素にも思えるテイストによって周辺の緑の風景を身近に、自然の移ろいをゆったりと愉しむことが出来ます。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!