安城の家: 吉川弥志設計工房が手掛けた家です。

自然を取り入れ豊かに暮す和風の住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

純和風の家が好きな人は必見の住宅を紹介します。広大な敷地に計画されたこの住まいは憧れの平屋建て。庭園のような中庭を囲むように配置された建物内部からは四季折々の自然の風景が楽しめ、静寂の広がる本格的な和の空間が心穏やかな暮らしを演出してくれます。設計を手がけたのは吉川弥志設計工房。では一緒に見ていきましょう。

三角屋根が印象的な外観

愛知県の市内の日本瓦の古風な住宅が点在する昔ながらの街並みが残る街区にある広大な敷地に計画された住宅です。前面道路ぎりぎりに配置された建物は外壁をしっかりと設け、プライバシーに配慮。閉鎖的になりがちなデザインをひょっこり覗いた2つの三角屋根で和らげ、軒下や妻壁に使用した木板が温かみのある雰囲気を作り出しています。さらに落ち着いた色合いの塗り壁とコントラストを成し、伝統的な要素を継承しつつもモダンな佇まいを見せています。

情緒たっぷりのアプローチ

風情ある前庭の眺めを堪能しながら露地のようなアプローチを進むと、格子の引き戸と下屋が和の雰囲気を醸し出す落ち着いた佇まいの家屋が見えてきます。ダークグレーの外壁によく調和する黒い開口枠やシンプルな鋼板葺きの屋根など程よくモダンな要素も取り入れた住まいです。

広がりを感じさせる玄関

玄関を入ってみましょう。かすかに砂利が見える洗い出し仕上げの三和土はそのまま続くホールと共にゆったりとした大きさを確保しています。収納や建具、自然な色合いの塗り壁や木板仕上げの天井など和のデザインをふんだんに取り入れ、趣きのある玄関廻りを演出。そして視線は正面の大きな開口を介して中庭に抜けていき、広がりを感じさせます。

中庭を通して繋がる各居室

コの字型に配置した建物のどの居室にも中庭空間と一体化するような大きな開口を設け、自然の風景が眺められる贅沢な住空間が印象的です。また各居室は中庭を介してお互いに緩やかな関係性を持ち、さりげなくそれぞれの気配を感じられるような距離感を生み出しています。現代のライフスタイルには欠かせないモダンなスタイルのリビングも低めのシンプルな家具によって和の雰囲気にすっと馴染んでいますよね。向こう側のボリュームには障子を設けた和室を配置。

ディテールにこだわった和の空間

こちらはお茶室としての畳空間でしょうか。地窓や床の間を設けた本格的な和室が新鮮です。砂壁の質感や竹で仕上げた天井の表情、素朴な床柱、黒でアクセントを付けた壁面そして上質の畳など、見事なコンポジションとクオリティで仕上げられています。侘び寂びを感じさせながらもあか抜けたモダンな雰囲気すら醸し出している和の空間、是非参考にしてはいかがでしょう。

様々な方法で自然を取り入れ豊かに暮す

周囲の屋根に呼応し豊かな街みを形成するこの和風の住まい、実は屋根に太陽光発電のパネルを乗せ、環境にも配慮しているんです。見て楽しむ自然と生活に必須なエネルギーを供給する自然の両方を取れ入れた自然の恩恵を最大限に享受する豊かな平屋建ての和風住宅です。「中庭を囲む平屋建ての和風住宅」も同じ建築家が手がけた自然の眺めを楽しめる住まいです。是非ご覧ください。

四季折々の自然の眺めを楽しめるゆったりとした平屋建て住宅、いかがでしたか?皆さんの感想も聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!