2人のアイアン作家がつくる家: 東涌写真事務所が手掛けた浴室です。

クールな洗面スペースbest5 – 凛とした空気感のあるスタイリッシュな空間!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

毎日使う洗面所やバスルーム。水回りは暮らしに欠かせない存在ですが、そのデザインは家によってもさまざまです。システム洗面が発達し、生活感がどうしても出やすくなってしまう空間のため、”魅せるスタイル”に憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。造作をする場合、木やタイル、モダンなボウルや水栓などで印象は大きく変わります。今回ご紹介するのはクールな洗面スペースbest5。モルタルや金属などの素材がメインの、生活感を感じないスタイリッシュなデザインの洗面スペースをご紹介します!

コンクリートブロックがメインの住まい

アトリエ環 建築設計事務所によるこちらの家は、コンクリーソそのものの素材感が好きな住まい手のための住まいです。仕上げさえ不要、という潔い希望に添い、型枠コンクリートブロック造で全体が仕上げられた個性的でアート作品のような佇まいも感じる空間。一切の生活感を感じず、モルタルやコンクリートの造形性と質感、独特な空気感が不思議な落ち着きを見せています。バスルームであってもその仕上げは一緒で、ガラス張りの空間とコンクリートのコンビネーションが住宅を超えたデザインに仕上がっています。全体のガラス張りを外部のコンクリートブロックの擁壁がカバーし、強い素材であっても閉塞感を感じない空間となりました。本住宅については「コンクリートブロックのお洒落な平屋建ての家」で詳細をご紹介しています。

グレイッシュでおしゃれなマンションリノベーション

星ヶ丘のリノベーション: Nobuyoshi Hayashiが手掛けた浴室です。
Nobuyoshi Hayashi

星ヶ丘のリノベーション

Nobuyoshi Hayashi

NOBUYOSHI HAYASHIの手がけたこちらの住まいは、マンションのリノベーションによって生まれました。グレーの色合いとオークヘリンボーン貼りのフローリングで構成され、壁のグレーは板張りのペイントやモルタルなど素材感が生きる仕上げです。無骨なアイアンのフレームの扉や、ヴィンテージスタイルの家具との調和も美しくまるで海外のインテリア雑誌に出てきそうなインテリアです。洗面は開閉する室内ガラス窓とミラーが合わさった、この家のオリジナル。リビングと隣りあい、光を取り入れながら意匠的な間仕切りも兼ねられます。床のタイルやモルタルの質感もともなって洗練されたおしゃれな空間に仕上がっています。本住宅については「新たな発見?目線を下げて暮らしてみよう!」で詳細をご紹介しています。

2人のアイアン作家が暮らす住まい

2人のアイアン作家がつくる家: 東涌写真事務所が手掛けた浴室です。
東涌写真事務所

2人のアイアン作家がつくる家

東涌写真事務所

東涌写真事務所が写真撮影を手がけたこちらの家は、アイアン作家の住まい手のための家。すっきりと潔いほどのミニマルな空間に、アイアンの階段や家具が生きるインテリアです。キッチンや家具、手すりや扉などいたるところに作品としても見せられるパーツが並び、自分の作品とともに生きる楽しさも暮らしの中に感じられるでしょう。バスルームはモルタルとアイアンのガラスパーテーションの組み合わせ。すっきりとシンプルながら、モダンで洗練された空間は味わいのある雰囲気を醸し出します。ディテールの美しさが際立ち、クールな素材でありながら冷たすぎない空間が魅力です。本住宅については「2人のアイアン作家がつくる家」で他の写真をご覧いただくことができます。

おおらかで開放感がテーマの八丈島の別荘

塀がなく、家や車に鍵をかける習慣もないほどのおおらかな環境、東京の八丈島に建つ別荘です。GUEN BERTHEAU-SUZUKI CO.,LTD.はこの南国で心地よい環境を生かし、週末や休日に快適に過ごすことができる家をデザインしました。開放的で暖かな環境は魅力ですが、台風の影響も強いためにその対策ももちろん配慮。大きな吹き抜けがあり、自然と一体になるような大胆な空間の家に仕上がりました。一方バスルームはガルバリウム鋼板の仕上げが特徴で、トップライトが仕掛けられています。「露天風呂に入っているような」というイメージの、個性的な空間に仕上がりました。本住宅については「鶴園邸/Tsuruzono House」で他の写真をご覧になることができます。

ヨーロッパにあるような丘の上の家

小林良孝建築事務所の手がけたこちらの家は、割石のアプローチを登った少し高い位置にある住まいです。スタイリッシュな霧妻屋根のファサードが印象的な佇まいを見せ、住宅の内部はグレイッシュな色合いで統一され、温かみもあるインテリアのおしゃれな空間。高い天井の開放感とロフトがあり、薪ストーブや照明、アイアン造作パーツが引き締まった印象を加えています。素材感にこだわられたインテリアの中、洗面空間はモルタル造形で作られたシンプルですっきりまとまった仕上げに。電球が一灯、インダストリアルなソケットがあしらわれ、全体の世界観の調和を見せます。本住宅については「スタイリッシュな切妻屋根の家」で詳細をご紹介しています。

クールで洗練された洗面空間に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!