森の緑を楽しむみんなの集まる家: ラブデザインホームズ/LOVE DESIGN HOMESが手掛けたリビングです。

自然を身近に感じる森の中の家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家に住むとしたら、どんな家に住みたいでしょうか。もし快適な暮らしを求めるのであれば、自然を楽しめるような家が良いでしょう。それはただ自然の中に建てられているだけでは十分ではないでしょう。周りに広がる自然との繋がりを生み出し、生活の中に自然を取り込めるようなものであれば、生活の印象を大きく変わることになります。そこで今回は自然を身近に感じられる家を紹介したいと思います。

森の中に建つ家

今回紹介する家を手がけたのは、住宅の企画、設計、管理を行うラブデザインホームズ。家は兵庫県神戸市の自然豊かな敷地に建てられました。周りに広がるのは森。家は住宅街に位置していますが、都会の喧騒から離れた落ち着いた雰囲気が漂っています。もちろん、家はそんな雰囲気を上手く取り込んで心地の良い暮らしを可能にしています。

ウッドデッキが生み出す開放感

建てられたのは木造2階建ての家。黒い外壁には、ほとんど装飾などがされず、とてもシンプルな印象を感じさせてくれるでしょう。家の前にあるのは通り。それと家との間には駐車スペースが設けられています。一見すると、自然を取り込んでいるようには見えませんが、建物の横に回ると、その印象は覆されるでしょう。家の横にはウッドデッキが設けられており、開放的な空間が生み出されています。

森の風景を取り込む大きな窓

家の中に入ると、そのウッドデッキを活かした空間が造られています。デッキが設けられているのは、リビングルーム、ダイニング、キッチンが一体となった部屋。そこと森との間にウッドデッキが取り付けられています。家族が食事をしたりくつろいだりする場所からは気軽にウッドデッキに移動することができます。また大きな窓から見えるのはウッドデッキ越しの森。そのため自然を身近に感じることができます。

薪ストーブが感じさせる暖かな雰囲気

このようなリビングルーム、ダイニング、キッチンがある部屋ですが、ウッドデッキだけが重要な役割を果たすわけではありません。忘れていけないのは部屋の隅に置かれたのは薪ストーブ。自然が身近にある場所では、時として寒さが厳しくなります。ですが、ここでは寒さに悩まされることはありません。薪ストーブは薪を燃やす炎で家を暖めてくれます。それは空調機器にはない自然な暖かさを感じさせてくれます。そして、一層ナチュラルな住まいであることを感じさせてくれるでしょう。

自然を取り込む家

もちろんリビングルーム、ダイニング、キッチン以外の部屋でも自然を感じることができます。バスルームやベッドルームにも大きな窓が設けられており、周りに広がる森を眺めることができます。森側には家が無いため、窓に目隠しの壁などを取り付ける必要はありません。そのためバスルームでは景色を楽しむことができ、まるで露天風呂にいるような気分を味わえるでしょう。そして夜には森やその上に広がる星空を楽しみながら、眠りつくことができます。このような家であれば、自然を身近に感じながら快適な生活が送れるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!