大口の庭: LIVING DESIGNが手掛けた庭です。

現代人のオアシス:モダンな坪庭

Rei Watanabe Rei Watanabe

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

モダンでシンプルなデザインの家というのは、維持メンテナンスも楽で使いやすいですよね。そんなモダンな住処で、一つだけ注意する点があるとすれば、雰囲気が冷たくなりすぎない様にすることでしょうか。ほんの小さなスペースでも、庭を造り自然を少し取り入れれば、無機質なデザインの中にも、ぐっと暖かみが出ます。しかし取って付けたような庭では全体のバランスを崩してしまいかねません。今回は小さいスペースを工夫してモダンな庭を造る為のアイデアを集めました。

見られたくないけど見せたい庭

中百舌鳥の家: GREENSPACEが手掛けた庭です。
GREENSPACE

中百舌鳥の家

GREENSPACE

GREENSPACEによるこちらの庭、エントランス側への開口部が素敵ですね。外部に向けてのみならず、家の中に設置された中庭などでも「見せたくない側」に応用できそうです。庭は眺めていたい、しかし自分の時間を大切にしたい書斎やバスルームなど、低い位置の開口部が向いています。真っ白なパネルがモダンで清潔感があります。庭の境目を明確にし、落ち着いた色で纏めることがポイントになるでしょう。

写真:冨田 英次

和の心が生きる庭

株式会社高橋造園土木TAKAHASHI LANDSCAPE CONSTRUCTION.CO.,Ltd による和モダンな坪庭です。日本庭園の要素を多く取り入れながらも、建材の切りっぱなし感やミニマルなデザインが、全体をとてもモダンな雰囲気に仕上げています。せせらぎと縁側、丸窓に四つ目垣w、子供からお年寄りまで、誰にとってもワクワクする物ばかりです。庭の手入れを通じて世代間のコミュニケーションも増えるでしょう。

緑地をユルく区切る敷石

LIVING DESIGNによるこちらの庭、広さがありますが、坪庭にも取り入れたいアイデアが色々止めに入ります。その中でも特に気になるのが市松模様に置かれた正方形の敷石です。砂利部分と土部分をグラデーションに区切る敷石、幾何学的な並びと不規則に減って行く石の織りなす不思議な風景が、どこかデジタルな印象すら与えます。それでいて石灯籠や手水鉢もさらりと溶け込む、日本らしい植物のチョイス、隅々まで考え抜かれた庭です。小さいサイズの敷石で真似をすれば坪庭でも充分に楽しめそうです。

オブジェを取り入れた庭

フラワーチルドレン(FLOWER CHILDREN)によるこちらの坪庭は、複数のオブジェを取り入れ、野外美術館のような趣があります。アルミ材のパーティション、気泡を入れたガラスの角柱、本磨き仕上げの天然石、コンクリートブロックによる直線ライン。外に出れば大自然の広がるこちらのお宅のような立地では、家の庭ではストイックに絞り込まれた自然を楽しみたいですね。

極小の坪庭

高岡建築研究室によるこちらの箱庭は、たったこれだけのスペースでこんなに素敵な庭が造れる、ということを見せてくれます。色を分けた二種の砂利、二カ所に重心を置いた全体のバランス、とても美しいですね。三種三様の真新しい人工素材に囲まれた、極小の庭は、石や苔など時の流れを感じさせる素材を使っています。悠久の時の流れを一掬い、そっと飾ったような静謐な空間になっていますね。

焼杉とアルミの素材感

松原の黒い家: eu建築設計が手掛けた家です。
eu建築設計

松原の黒い家

eu建築設計

こちらはEU建築設計によるお宅のエントランス部分ですが、この素材感、ぜひモダンな坪庭に取り入れたいですね。焼杉板のマットな光沢感とシルバートーンを含む黒さ、自然素材でありながらとてもモダンです。中の格子はアルミ素材を使っており、形状としては和風の縦格子のようですが、素材の新しさがモダンです。汚れの付きづらい素材ですから、モダンな庭のデザインに使いやすいですね。

水のパティオ

原 空間工作所 HARA URBAN SPACE FACTORYによるこちらのお宅は、緑溢れる広い裏庭がありますから、こちらの中庭は植物ではなく水を配置しました。薄く張られた水の上を、長方形の飛び石が不規則に並びます。一見無造作でありながら人間の歩みの運びを考慮した配置になっており、そういった使いやすさが生み出す美しさがデザインの根本であると言うことに気付かされます。中庭は各階への吹き抜けへと繋がっていますが、通る人は皆足下を見ますから、視線を逸らすという副次的な効果も生まれます。

丸窓と借景

大島功市建築研究所 一級建築士事務所によるこちらのお宅は新素材と枯山水を融合させたこんな坪庭を持っています。モダンな庭の丸い開口部からの借景もまた、何とも素敵です。干し柿でしょうか、それとも瓢箪でしょうか、軒にたくさんの物を下げ、二階にはよしずの日よけ、昔の風景を映し出す時空の窓口のようです。木の成長に合わせて表情を変えていく様子を見つめ続けていたいですね。

写真:小林達実

照明兼ベンチ

こちらはイギリスからMYLANDSCAPES LTDのベンチを紹介します。ベンチの下が、暖炉を模した照明になっています。座るという機能はもちろんのこと、夜間は低い位置からの柔らかい照明になりますから、実用的です。何も無い庭でも、こんなベンチを一つ置けば一気にモダンで高級感のある空間になりそうですね。

どこから見ても美しい坪庭

茨木の家: GREENSPACEが手掛けた庭です。
GREENSPACE

茨木の家

GREENSPACE

グリーンスペースが庭を担当したこちらのお宅、この中庭を挟んで一方は伝統的な和室、反対側は機能的でシンプルなLDKの大空間となっており、どちらの側からも掃き出し窓で大きく開放的に開かれています。和の空間とシンプルモダンの空間を繋ぐ中庭、その両方と一つの空間として繋がりうる中庭です。中央の四角い開口部に植樹を纏め、どちらの部屋を前景にしても、どちらのテイストを背景にしても溶け込む、素敵な中庭になりました。素材と直線はモダンに、余白の生かし方は和風に、和モダンテイストの造園です。

写真:多田ユウ子

【坪庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 坪庭のメリット・デメリット

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

募集ページはこちら

モダンな庭は夜の美しさも楽しみやすいですよね。ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!