田園調布の家: アトリエモノゴト 一級建築士事務所が手掛けた二世帯住宅です。

記憶を継承する二世帯住居の終の棲家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

核家族が多い世の中ですが、二世帯住居のお宅もまだまだあります。ただ昔と違ってひとつ屋根の下に一緒に暮らすというスタイルが、程よい距離感を持つ住まいもしくは完全独立型の二世帯住居に変わってきています。一級建築事務所のATELIER MONOGOTOが手がけたこの住宅は、両世代とも高齢にある家族が住む完全に分離可能な二世帯住居。記憶を継承しながら余生を過ごすための住まいです。

思い出の樹木で彩る新しい住まい

長年住んで慣れ親しんできた都内の閑静な住宅地に計画されたこの二世帯住居は、クライントが希望する今までの生活の記憶や思い出を継承しつつ、近い将来の世代交代が可能な住まい方を実現しています。敷地内の既存の樹木をなるべく残し再移植することで、記憶を受け継ぎ、新しく建てられた住居での暮らしにすっと馴染むような配慮がされています。直線のラインが印象的なモダンな佇まいを見せています。

フレキシブルに対応するプラン

将来独立した2世帯住居に対応できるように入り口を完全に分離しています。木製扉を採用した玄関扉の醸し出す温かみのある雰囲気が庭の自然の風景と馴染んでいます。「土間縁のある終の棲家」も住み慣れた土地に建て替えられたゆったりとした外部空間が魅力的な二世帯住宅です。是非ご覧ください。

傾斜天井が作り出す大らかなLDK空間

家族が共に多くの時間を過ごすLDKは陽当たりの良い2階に配置。寄せ棟の屋根の形状がそのまま現れた天井には木板を張り、天然素材が醸し出す温かみのある空間を演出しています。両サイドに設けた大きな開口を介して外部空間と繋がり、開放感のある明るい団らんの場になっています。天井と壁の間には間接照明を設置。その光で浮かび上がる天井の質感が楽しめ、高級感も感じられます。

すっきりとして使いやすいキッチン

ワンルームタイプのLDKは動線もシンプルでとっても使いやすく、空間を広く使うこともできるのでますます注目を浴びています。キッチンはII型の対面式を採用。たっぷりのワークトップと収納で料理をするのが楽しくなりそうです。床面はメンテナンスの楽な素材を選んで機能性にもこだわっています。

外の風景を楽しむリビングゾーン

まるで森の中の別荘を思わせるような木板仕上げの傾斜天井は十分な高さがあり、気持ちの良い空間を作り出しています。窓からは見慣れた庭の樹木が眺められるリビングは心を落ち着かせてくれます。淡い色調で統一した飽きのこない家具と共に穏やかな住空間を演出。

共有空間でもある本格的な和室

玄関から続く地窓沿いには踏板を中央で支持する力桁階段を配置。すっきりとしたデザインであるにもかかわらず存在感があります。そして1階には和室を配置。最近は縁なしの畳が多いのですが、こういった伝統的な畳もやっぱりいいですよね。今現在二世帯のそれぞれの住空間は内部で繋がっており、この和室は世帯間の緩衝帯としての機能も持ち合わせているんです。

趣味のための空間を確保する

趣味のお茶をたしなむための客室兼用の茶室の横には本格的な水屋を設けました。以前の住まいにはなかった空間ですが、人生を楽しく豊かにしてくれる趣味のための空間を新たに加えることで住み慣れた場所でより一層日々の暮らしを充実させた終の棲家です。 

情緒溢れる豊かな住空間

和室をぐるっと囲む襖を全開にするとご覧のとおり玄関から続く階段ホールと一体化する大空間に。地窓に沿って床に埋め込んだ照明による下からの光が演出する幻想的なシーンが素敵ですよね。階段も空間のアクセントになっています。終の棲家だからこそ取り入れたい心を豊かにしてくれる情緒たっぷりのデザイン、是非参考にしてみてくださいね。

和の美しさとゆったりとした空間デザインが目を引く住まいです。皆さんの感想も是非教えてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!