アプローチと玄関: 石井智子/美建設計事務所が手掛けた家です。

和の情緒でおもてなし。しっとりした雰囲気が魅力の和風玄関best5

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

旅館や庭園などで伝統的なスタイルに触れた時、心がときめくという方も少なくないでしょう。それらは日本の伝統的で古典的なスタイルでありながら、現代では逆に見ることが少なくなってしまったもの。だからこそ、和風建築やデザインの人気が今また再燃しているのです。

今回は情緒を感じられる和風の玄関を五つ紹介します。喧騒から離れたしっとりした雰囲気は、住み手とゲストの心をきっと癒してくれることでしょう。

洗練の伝統的スタイル

まずは京都府の建築家澤村昌彦建築設計事務所が手がけた住宅から紹介します。石畳が真っ直ぐ庭へとつながり、サイドには植生や石の手水鉢などが置かれたクラシカルかつ直線を強調した現代性もあるデザインです。エントランスを覆う屋根には円形の開口部があり、上から降り注ぐ自然光が独特の陰影を生み出しています。奥にある庭への期待まで高める魅力的な玄関です! 

モダンな陰影

続いては愛媛県の建築家高岡建築研究室による住宅。写真は玄関内部の様子です。クリアでシャープな構成にダークカラーを基調とした色調、効果的に自然光を取り入れる開口部と、モダンで洗練された和スタイル。とても現代的でミニマルなデザインでありながら、侘び寂びや光の陰影など和デザインの本質を垣間見ることができる玄関です。

品の良いクラシックスタイル

高岡建築研究室からもう1軒紹介します。先ほどのモダンな和スタイルとは大きく印象が異なるこちらの玄関。格子の引き戸や飾られた生け花が品の良いクラシックスタイルを演出しています。古民家風の構造もコントラストの高いはっきりした白x黒のコーディネートで現代性も感じさせます。暖色系の間接照明で温かい雰囲気を加えて。

四季折々の変化を楽しむ

こちらは大阪府の建築家石井智子/美建築設計事務所による住宅。前面道路から庭の敷石を辿って玄関へ至るデザインです。敷石のサイドには四季折々の変化を見せる豊かな植生や池があり、自然の美しさを堪能出来るアプローチとなっています。道路から眺めた時、室内から眺めた時、庭から眺めた時… と、見る場所によって様々に異なる表情を楽しむことが出来るエントランスです。

アプローチから土間、そして庭へ

福岡県の建築家アトリエ イデ一級建築士事務所が手がけたこちらの住宅は、和風の上品で奥ゆかしいアプローチを辿って玄関へ、そして内部は多目的に使える広々とした土間玄関、土間はそのまま庭へとつながっているという内外の接続が強いデザインです。風通しが良く、暑い夏も快適に過ごせそうですね。ダイナミックな構造の建物と控えめで品のいいアプローチとの組み合わせが新鮮。玄関にかけられたのれんもよく似合っています!

美しい和スタイル、癒されますね!あなたの感想もぜひ教えてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!