DIYで部屋の収納スペースを増やすにはどうする?

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

収納家具を買うのもいいけれど、自分でできるDIYで収納スペースを増やせないかな?家に長く住んでいると物が増えてくるのはごく自然のこと。前の家から引っ越しの時に持ってきた思い出の品や大切な人からもらった物。さらに生活の中で必要な家具、必需品ではないけれど便利な道具と、部屋をすっきりさせるにはこれらをしまえる十分な収納スペースの確保が常に大切です。といっても部屋のスペースには限りがありますし、収納のための家具が大きくて部屋に圧迫感を与えてしまうようでは本末転倒ですよね。今回はそんな限られた条件でも収納スペースをDIYでさらに増やすアイディアを紹介したいと思います。

壁にかけられる棚

string system BASIC WALL DESK: greenicheが手掛けたリビングルームです。
greeniche

string system BASIC WALL DESK

greeniche

これはスウェーデン発祥のストリング、鳥取県のが取り扱っています。シンプルなデザインと、便利さを兼ね揃えたスカンディナビアらしい家具です。縦の空間をうまく使いこなすことは意外と難しく壁が有効に使われていないことは多々あります。床に物がごちゃごちゃしている気がする、と思う方はこの壁にかけられる棚を使ってみたら一気に部屋がすっきりするかもしれません。

壁に穴を開ける

壁に穴を開けちゃうの?と最初はびっくりするかもしれません。でももし家の中に厚い壁があったならば、思い切って開けてしまえばそこがひとつの棚として成り立ちます。例えばこのテレビ。テレビ台は部屋の中で意外と場所をとります。しかも大半はテレビを置くためだけに使われていることもあり、限られたスペースを無駄にしてしまいます。テレビがすっぽりと壁に収まれば見栄えもよく、テレビ自体とテレビ台の分の新しいスペースが部屋に生まれます。

机の下にキャビネット

机の下はどうでしょうか、何か収納家具は置いていますか?机の下に何かあると座りにくくなっちゃうんじゃない?と思うかもしれませんが、机で作業する時は大抵中心に座ることが多いと思います。すると左右の脇はガラ空きに、これを使わない手はありません。机の下も立派な収納空間と考えて高さに合わせたキャビネットを置いてみましょう。これは大阪市のCOIL松村一輝建設設計事務所が手がけられました。長屋を改造した物で、小さな長屋を「見せる収納」を使うことで広々とした部屋に見せることができています。

壁かけハンガー

壁かけハンガーは棚のように置くのではなくハング、物を引っ掛ける収納方法です。そのため棚を使う際は縦のサイズが違うと入らなかったりというようなことがありますが、壁かけハンガーはそのようなことがありません。ランダムなサイズでも自由にかけることができ、さらにハンガーはどの家庭にも必ずあるはず。すぐにでも始められる簡単なDIYアイディアです。

ひもを使った収納

洗濯物をひもに通して干す、なんて光景は外国の写真でよく見ますよね。部屋の空間を立体的に見ると中心部や空中にも空間があることに気づくはず。でも部屋の真ん中に家具を置くのは自然ではないですよね。設置も取り外しも簡単なひもはどうでしょうか。壁にフックをつけ、そこにひもを通し対角線につなげば部屋の中心にも何かの収納の空間が生まれます。リビング等の部屋よりも一人暮らしの人や、自分の部屋などプライベートな部屋で見た目を個性的にしたい時にオススメです。

このアイディアブックについて何か感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!