case-My/T: 株式会社PLUS CASAが手掛けた家です。

広々としたデッキテラスでくつろげる「大家族」の家

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

最近では核家族化が進み、夫婦のみ、もしくは夫婦と子供といった人数の少ない家族が増えてきました。そのため大家族で一軒の家に住むことが珍しくなってきました。今回紹介するのも夫婦と子供が住む住まいです。ですが、そこには多くの人が訪れ、まるで家族のように一緒に時間を過ごすことになるのです。そんな特別な「大家族」の家を手掛けたのは株式会社PLUS CASA。それでは、どんな家ができたのか見てみることにしましょう。

シンプルでモダンな外観

今回家が建てられたのは鳥取県の鳥取市。敷地は田畑の中にあり、周りには牧歌的なのどかな風景が広がっています。そんな場所に建てられたのは木造2階建ての住宅。箱型の形の建物は外壁は明るい色でまとめられ、取り付けられた濃い茶色のウッドデッキと美しいコントラストを生み出しています。そんな家ではウッドデッキや薪ストーブの煙突以外には目立つものは何もありません。そのためシンプルでモダンな印象が感じられる建物となりました。

多くの人が過ごせる広々としたリビング

2階建ての本住宅は1階に特別な空間が設けられています。その理由は1階を「森のようちえん」と呼ばれる自然の中で子供の教育をする施設の一部として使うためです。朝には多くの子供たちが家に集まってきます。そのため住宅であっても公共的な役割を果たすのです。こうしたことから、1階には多くの子供たちが過ごせる広々とした空間が作られました。

暖かな雰囲気を生み出す薪ストーブと木のフローリング

広々としたリビングルームの床は、明るい茶色の木のフローリングとなっています。そのため暖かな印象を感じさせてくれるでしょう。そんな空間を一層を暖かくしてくれるのは、リビングの片隅に置かれた薪ストーブ。広々としたスペースは暖かくすることは簡単ではありません。そのため居心地も悪くなってしまうでしょう。ですが、ここでは木のフローリングや薪ストーブで居心地の良い空間が可能となっているのです。

公私の空間がある家

本住宅は家でもあるため、しっかりとプライベートなスペースも設けられています。それがあるのは2階部分。2階には個人のプライバシーを守れる寝室が並んでいます。そのため1階はパブリックなスペースの役割を果たし、2階はプライベートなスペースの役割を果たすのです。もちろん1階のリビングも子供たちのいない夜間はプライベートな場所となります。このように公私を使い分けられる家となっているのです。

気持の良い広々としたデッキテラス

本住宅の最大の特徴は広々としたデッキテラスでしょう。それはリビングの横に配置されています。床の高さとデッキテラスの高さは合わせられているため、その間にあるガラス戸を開ければ、一つの部屋のように一体化します。またデッキテラスは広く、キャンプ用のタープが屋根の役割を果たすため、子供たちにとっては天気を気にせずに遊ぶことができます。そのため、本住宅は多くの子供たちが時間を過ごせる「大家族」の家として機能することになるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!