コントラストの効いたモダンなアトリエハウス

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

世の中には様々な働き方がありますが、自宅が職場なんて人も珍しくありませんよね。職場が自宅となると、交通費や出勤時間の厳密さなどコストやタイムスケジュールに悩まされることは少ないかもしれませんが、自身での様々なコントロールが必要になりそうですよね。そこで今回ご紹介するのはシックな雰囲気を持ったモダンなアトリエハウスです。SAKURAYAMA-ARCHITECT-DESIGNが手掛けたこちらのアトリエハウス、シンプルですっきりとした内装に豊かなエクステリアのある建物に。意見すれば異国を感じるようなオシャレさと十分な広さを確保したアトリエは多目的に使いやすい空間です。

異国を感じるモダンな外観

敷地は住宅街の一角、正面から見れば横長の長方形の箱が置かれたようにシンプルな建物が建ちます。モノトーンの濃淡で配色された外観はコントラストの効いたちょっぴり異国を感じるテイストでしょうか。二つの出入り口を含む連続した大きなたっぷりとした庇が大きなインパクトに。外壁の配色をデザインとしながらも入口の用途や印象に変化を与えているようです。

照明で彩るファサードへ

夕景の中の外観はバランスよく照らされた明るい印象に。大きな看板をあげなくとも周囲からの注目や関心を引き付けそうなファサードです。建物とのバランスを図るようなすっきりとしたエクステリアは、入口までのアプローチ、訪れる人の気持ちが高ぶります。モノトーンの配色の建物は一見クールさを感じますが、こうした照明の効果や植栽の配置によって雰囲気を変えることも可能になるんですね。

ステップフロアを活かした空間

こちらはSOHOとして使えるスペース。外観の印象のままシンプルな内装にスキップフロアで繋ぐ広々とした空間です。一部の壁を手すりのようなフレームを用いたことで下階とのコミュニケーションと空間により広がりを感じることができそうです。室内の明かりはほとんど埋め込み式のスポットライト。インテリアは使う人の好みによってどんなテイストにも変化させることができそうです。

無機質なテイスト

コンパクトキッチンスペース。一見するとキッチンとは気付くのに時間がかかってしまいそうな無機質なテイストでまとめられたモダンな空間。簡単な食事を作るには十分なコンパクトサイズは、モノが多くなりがちのアトリエハウスにはちょうどいいサイズかもしれません。モノづくりや、ワークショップで時間を過ごすアトリエハウスにぴったりな、生活感を感じさせないオシャレなデザインです。

多目的ルーフバルコニー

ゆとりある十分なスペースをもったルーフバルコニー。長時間のモノづくりや作業の合間にくつろぐには最高の場所ですね。バルコニー長手に沿って設けられたベンチはちょっと横になっても、ランチをとって過ごしてもよさそうなほど。天気のいい日にはお気に入りのデッキチェアを置いて寛ぐのもいいですよね。その十分なスペースから使い方は多目的です。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!