見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今週のベスト5アイデアブック (8月22日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、狭い家の工夫、マイナスをプラスに変える10の工夫

夢のマイホーム、大きくて広い家に住みたいと誰しもが思うことでしょう。しかし予算であったり土地の広さであったりいろんな制限があり、みんながみんな広くて大きい家に住めるわけではないのが現状です。けれど狭い家でも工夫しだいで快適に暮らすことができます。狭い空間をいかに広く見せることができるか、いかにセンスよくおしゃれな家にできるか、マイナスをプラスに変える。それが狭い家の醍醐味だと思うのです。今回は狭いというマイナスをうまく工夫してプラスに変えた素敵な住宅を紹介したいと思います。

2位、心境の違いで庭を楽しめる家

庭という空間は比較的に「あれば嬉しい」と感じる人は多いのではないでしょうか。よほどのめんどくさがり屋さんでなければ、庭が与えてくれる生活へのゆとりは大きいはずです。そんな庭でも楽しみ方は様々。文化や技法など奥は深く、一般家庭で楽しむような家庭菜園から種類も機能も豊富です。そして絵画のように枯山水や坪庭など目で見て楽しむ庭もありますよね。そこで今回ご紹介するのは、「見る人」によってその感じ方が異なるような庭のある住宅。長期滞在も可能なゲストハウスも兼ねた本住宅は、その「見る人」というのは家族だけでなく、訪れる人が様々に感じることが出来るようです。一級建築士事務所KENSO ARCHITECTSの提案によって、五感で楽しむことのできる贅沢な空間となりました。

3位、大きな一枚屋根の下に家族が集う家

大きな一枚屋根の下で: エヌ スケッチが手掛けた家です。
エヌ スケッチ

大きな一枚屋根の下で

エヌ スケッチ

外と内を緩やかにつなげた大らかな平屋の住まい。そこでは生活がもっとシンプルなリズムで回っている、そう思いませんか?自然をより身近に感じ、自然のサイクルと共に生きる。それは畑で収穫したばかりの野菜を食卓に並べること、薪ストーブの炎を見つめて冬を過ごすこと、雪解けと共に春を全身で感じること… 。そんな家族の生活を守るのは大きな一枚屋根です。手掛けたのは新潟市に拠点を置いて活動するエヌスケッチです。

4位、100年の歴史が生み出す印象的な空間

築100年を超える雨屋の改修: STUDIO POHが手掛けた家です。
STUDIO POH

築100年を超える雨屋の改修

STUDIO POH

家を持つとなると、何を考えるでしょうか。新しい家を建てることを考える人が多いでしょう。ですが、中古の住宅を購入したり、古い住宅などを改装することを考える人もいるかもしれません。今回紹介したいのは、築100年を超える古い建物のリノベーションです。それは建物が持つ歴史や雰囲気を活かしたものになっています。

5位、木造建築のもつメリットとは?

木造住宅のメリットはどんなものがあるでしょうか。最初に思いつくことは、居心地の良さを感じる木の温かさでしょうか。 木造建築は鉄筋に比べて耐震性や耐久性などの不安も昨今あるかもしれませんが、 日本の木造建築は鉄筋に決して劣るわけではないということは、 「しっかりとした建築を作る人と長く培われてきた木造の伝統技術」と、 地震の多いこの国で木造建築100年を超えている建築物が証明していることでしょう。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!