棟高の家: ATELIER Nが手掛けたダイニングです。

一体感のある室内空間が心地いいナチュラルな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、自然素材の柔らかい雰囲気に包まれ、コンパクトながらもゆったりとした心地よさのある室内空間が魅力の住まいです。リビングに設けられた大きな開口部の先には、広々としたウッドデッキがあり、屋外と室内にゆるやかなつながりが感じられる点も大きな特徴となっています。リラックスした暮らしが出来る住まいのヒントが欲しい方には、参考となるいいアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、群馬県を拠点に活動するATELIER Nによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見ていきましょう。

落ち着きのある外観

ロケーションは群馬県の閑静な住宅地。住まいの建物は、開放感のあるウッドデッキやバルコニーが設けられた木造2階建てとなっています。外観はモノトーン調をベースとして、そこにナチュラルな素材が組み合わされ、落ち着きのある佇まいをしています。ゆったりとした駐車スペースも確保されており、その駐車スペースをぐるりと回り込むように玄関までのアプローチがあります。

格子のある玄関

こちらは室内の廊下から玄関方向をのぞんだ様子です。玄関の扉を開けた向こうには格子の囲いが設置されていることが分かります。このことによって、ドアを開けた時も室内の様子が外部に見えないようになり、住まい手のプライバシーを確保できるようになっています。とはいえ格子は壁とは違い風や光は通すので、ゆるやかに外の気配が感じられ玄関は明るく快適な雰囲気に包まれます。室内は自然素材が多く使われ、上品な中に柔らかさも感じられる印象です。

住まいを見渡せるキッチン

こちらはLDKのキッチンスペースから1階空間をのぞんだ様子です。カウンターがオープンとなったキッチンは、このように1階の広範囲を見渡せるように配置されています。キッチンで食事の支度などの家事をしながら、家族の様子をきちんと把握したり、時には会話を楽しんだりするなどコミュニケーションを取ることも出来ますね。またリビングに面した大きな開口部を介して、ウッドデッキや玄関方向も眺められるので、家族の誰かが外出をしたり帰宅したりした時も、すぐに気が付くことが出来るのも便利です。

自然素材の心地いいインテリア

こちらはリビング方向から1階空間を眺めた様子です。2階へ続く階段が、ダーク系のシックなデザインとなっており、シンプルながらもインテリアのアクセントとして空間にいいリズム感をプラスしています。階段下のスペースにはテレビ台を設置し、デッドスペースになりがちな空間を有効利用しているのも良いアイデアです。自然素材のたくさん使われたナチュラルで心地よい部屋は、一日の長い時間を家族で過ごす場所としてふさわしい雰囲気となっていますね。

外部とゆるやかにつながる室内

こちらは夜のLDKの様子です。コンパクトにまとまったレイアウトのLDKは、ダイニングの奥にある和室やウッドデッキまで一体感があり、外部と内部がゆるやかに連続性を持った快適な雰囲気となっています。リビング、デッキ、和室、キッチンなど、家族がそれぞれ自分の好きな場所にいながらも、精神的なつながりや安心感を持って過ごせる居心地のいい住空間が実現しているようですね。

自然素材の心地よさが感じられる住まいについていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!