素敵なバスルームに仕上げる収納アイデアとは?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

体と心を癒してくれる空間では、周りがごちゃごちゃしているよりはスッキリしていた方が気持ちが良いですよね。そしてお花やアロマなど、バスタイムをより優雅に演出してくれるアイテムはさりげなく置いてあってほしい。今回は、しまう物はしまって、出す物は出すという、素敵なバスルームをつくりあげる収納のアイデアを紹介します。どのようにすれば空間を広々と感じられ、オシャレな雰囲気に仕上げられるのか。ポイントを抑えてあなたの自宅も素晴らしい空間につくりあげましょう!

壁をスマートに使う

von Mann Architektur GmbHが手掛けた浴室
von Mann Architektur GmbH

Badezimmer im Dachgeschoss

von Mann Architektur GmbH

柔らかな雰囲気のこちらの空間はスイスの建築家によって手掛けられたもの。壁に収納できるスペースを設けているので、シンク下やミラー部分をすっきりする事ができ、余計な棚を置く必要もありません。無駄なく空間を使っているので全体を広々と感じる事ができます。壁に初めからなにも設けられていない場合でも、自身でフックなどを取り入れ壁に掛けたりなどアイデア次第でいくらでもつくる事ができます。こちらは屋根に沿った斜めのデザインですが大きな窓から沢山の光が入るので明るく、そしてトライアングルの形の収納スペースでオシャレな雰囲気も出ています。空間の環境を活かしながら、素敵に仕上がったバスルームですね!

空間の雰囲気を崩さないように

日本製のアンティーク洗面台と古い建具のミラー: エンジョイワークス一級建築士事務所が手掛けた浴室です。
エンジョイワークス一級建築士事務所

日本製のアンティーク洗面台と古い建具のミラー

エンジョイワークス一級建築士事務所

壁にあるスラッと伸びる2枚の板が印象的なこちら。仕切りもなく十分なスペースでインテリアやアロマ、またタオルなど日々使う物など何でも置けそうです。物によっては小さなボックスやカゴなどを利用すると良いでしょう。こちらの空間では壁紙やタイルの取り入れ方、まだインテリアにもこだわってオシャレに仕上げているので、何かを取り入れる時は全体の雰囲気も崩さないようにする事も大切ですよ。

箱を使って

フランスからの収納方法は箱を利用したもの。中身を取り出したい時は引き出しのようになり、しまう時は全部取り出せる、使い勝手も良い方法です。また掃除も楽なので奥の方にたまりやすいほこりなども心配する必要はありません。箱はこちらのように全て統一するとまとまり一体感が出ますが、トイレットペーパーやタオルなど中身によって箱の色を変えたり、ワンポイントを取り入れたりすると彩りも出て使い勝手も良くなるでしょう。

ミラーキャビネットで可愛らしく

温かな雰囲気を感じられるこちらはCOTTAGE STYLE (コテージスタイル)によって手掛けられたもの。ロウソクの形をしたオレンジの光と淡い色の木材で柔らかな印象を与えています。その真ん中にポツンと置かれるのが、長方形のミラーキャビネット。ホワイトの輪郭で素朴で可愛らしく仕上がっていますね。ミラーキャビネットは歯ブラシやアクセサリーなど細々とした物も置け、全て扉を閉めれば隠れるので、生活感を隠してオシャレに仕上げたい場合はこちらの方法はオススメです。

ユニークに仕上げて

バスルームに入った時、トイレットペーパーがユニークに置かれていたら驚きますよね!こちらは京都を中心に活動する高嶋設計事務所/恵星建設株式会社によって手掛けられた空間です。ジグザグの一つの板をうまく利用し置かれています。こういった板には本やインテリアを置いたりする場合が多いですが、このようにトイレットペーパーを積み重ねたり、タオルを巻いて重ねたりなど使い勝手はアイデア次第で様々です。あなたの自宅でもユニークさをどこかに取り入れてオリジナルなバスルームに仕上げてみましょう。

広い空間ではお気に入りの棚を

広々としたこちらのバスルームはオランダから。十分なスペースがある場合は、お気に入りの棚をコーナーに置いてみましょう。写真のように真ん中は斜めに仕切られたユニークな物をチョイスすると目がいくので、そこに収納するものはタオルなどでなく、アロマやオイル系など可愛らしいデザインの物を置くと良いでしょう。またお花や本などゆっくりくつろぐバスタイムをさらに優雅にしてくれるアイテムを揃えてみましょう。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!