展望台の家: ろく設計室が手掛けた家です。

アシンメトリーな片流れのファサードbest5 – 素材とバランスの魅力!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

ファサードは住宅そのものだけでなく、周辺の景色や街並みを作る役割も担います。現在はデザインも多様になり、さまざまな形のファサードが見られるようになりました。瓦屋根で切妻や寄棟屋根などが定番だった昔と違い、現在はガルバリウム鋼板による軽量化からファサードのデザインも多様化しています。今回ご紹介するのは、アシンメトリーな片流れ屋根のファサードbest5。シンプルな形だからこそ、素材や開口、軒の出などのディテールが生きるデザインアイデアを見てみましょう!

大自然に調和する三角形の黒い家

中山大輔建築設計事務所/NAKAYAMA ARCHITECTSが手がけたこちらの家は、背景に緑豊かな山を臨む恵まれた環境にあります。黒い焼杉を使い、モダンでダイナミックに仕上げられた住まいは、実は角度を変えて見ると三角形の形状をしています。敷地自体が三角形のため、鋭角で横に長いボリュームを生かし、大きな開口と吹き抜けに一面の本棚がある開放感たっぷりのインテリアが特徴的。周囲に広がる穏やかで自然な景色が映え、ナチュラルに調和する住まいとなりました。本住宅については「三角形の敷地に建つ片流れ屋根の家」で詳細をご紹介しています。

柔らかな印象を与える白い家

中野晋治建築研究室によるこちらの家は、古い木造住宅が残る住宅地にあり、ゆったりとした環境を持つ場所でした。周囲の建物の雰囲気を踏まえ、建物の高さを抑えるよう意識した片流れのデザインに、伝統的な木造住宅の周辺にも馴染むよう杉の外壁材があしらわれています。杉板は木目を残し白くペイントされているため、柔らかく調和しながらモダンさと凛とした和の雰囲気を残す仕上がりとなりました。圧迫感を与えず、柔らかく軽やかな印象を持つこちらの住まいは内部にも木がたっぷりと使われ心地よい暮らしを送ることができます。本住宅については「優しい雰囲気の佇まいが魅力的な平屋建ての家」で詳細をご紹介しています。

高台の景色を楽しめる猫と暮らす住まい

福岡市の住宅街の一角にあるこちらの住まいは、高台から臨む博多湾や福岡市の街並み、南には山々が眺められる環境にあります。こちらの場所で恵まれた景色をいつでも楽しみ、ご夫婦と愛する猫とともに快適な暮らしを送りたいという願いをろく設計室が叶えました。全体を杉の鎧貼りとし、工業材料も多く使われる住宅街において経年変化を楽しめる材料が特徴のファサードです。高台の景色が一望できるよう、大きな窓を多く配置し広いデッキには雨や庇をしのげる庇も完備。室内も屋外もめいっぱい充実した暮らしが送れるような家となりました。本住宅については「自然を味わう住空間!見晴らしと経年変化を愉しむ住まい」で詳細をご紹介しています。

軽井沢の森の中に佇むシックな家

設計事務所アーキプレイスの手がけたこちらの家は、軽井沢の別荘地に佇む落ち着いた雰囲気の住まいです。厳しい冬の環境でも快適な暮らしを送れるよう、暖房計画をしっかりと取り込み、自然の中にいながらも音響設備など最先端の設備で暮らせるようなハイブリッドな住まいに仕上がっています。優しい木のぬくもりが溢れるインテリアと、軽井沢の森に溶け込むダークブラウンのモダンでシックな佇まいはこの自然と一体になる暮らしを豊かに送ることができます。本住宅については「自然と家庭菜園のある庭で暮らす家」で詳細をご紹介しています。

中庭をゆったりと囲むモダンな家

STAD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)によるこちらの住まいは、正面はシンプルな片流れのファサードに、角度を変えてみると中庭を包み込むような形状のファサードが特徴です。吹き抜けのあるLDKに、どこの部屋からも中庭を臨むことができるゆったりとした空間が連なり、自然素材のぬくもりをたっぷりと生かしたインテリアに仕上げられています。外観はガルバリウム鋼板のモダンな佇まいに、ななめの壁がアクセント。すっきりと軒のない形のシャープさに、ウッドの素材とドアがポイントに仕上がりました。本住宅については「住環境にも配慮した自然体で暮らせる家」で詳細をご紹介しています。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!