nionohama-apartment-house-renovation: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。

キャットウォークのある家best5 – 愛猫とともに楽しく暮らす住まい!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

猫は暮らしのパートナーとして、世界中で愛されるペットです。人間と同じように性格も異なり、毎日見せてくれる愛くるしい姿は暮らしに潤いを与え、家族の一員として心地よく過ごしたいと思うでしょう。人間と動物が心地よく共存するためには、お互いにとって良い環境を作り出すことが大切です。高いところが大好きな猫にとって、遊び場となるキャットウォークが家の一部としてあるなら人間の暮らしを圧迫することもありません。今回ご紹介するのは、キャットウォークのある素敵なアイデアbest5。家のインテリアや構造の一部として人と猫が共存しあえる温かな家を見てみましょう!

いつも眺めたくなる景色と愛猫と暮らす家

展望台の家: ろく設計室が手掛けたリビングです。
ろく設計室

展望台の家

ろく設計室

福岡市の古い住宅団地の一角、遠くに博多湾と福岡市、山々といろいろな方向に景色が一望できる高台の家、若いご夫婦と愛猫がともに暮らすための家をろく設計室がデザインしました。いつもこの景色を眺めたい、とこの景色を選ばれたご夫婦のため、眺めの良い2階に暮らしの中心となるダイニングを配置。プライベートゾーンとリビングを1階にレイアウトし、その空間同士をつなぐ程よい高さは、それぞれの空間にいるお互いの気配を感じやすい位置関係。吹き抜けをつなぐ大きな梁は、キャットウォークとして大空間を思い思いに移動できる愛猫の動線ともなります。壁面にも高低差のある階段やキャットウォークが巡らされ、暮らしの中にお互いの心地よさが共存する住まいとなりました。本住宅については「自然を味わう住空間!見晴らしと経年変化を愉しむ住まい」で詳細をご紹介しています。

中庭をくの字に囲む山並みを望む家

STAD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)の手がけたこちらの家は、雄大な山並みを望むことができる住まいです。栃木県特有の山並みを眺められる環境を生かした、中庭を囲む大きな窓のある吹き抜けが心地よいレイアウトが特徴です。吹き抜けのあるリビング階段には、梁を支える柱に麻紐が巻かれ、爪とぎができる仕掛けとしています。異なる方向にキャットタワーになるような板が取り付けられ、階段とともに愛猫の格好の遊び場空間が生まれました。日当たりの良い大きな窓からは心地よい陽が入り、寝転ぶ姿が想像できそうです。本住宅については「山並みを望みながら愛猫と暮らす家」で詳細をご紹介しています。

猫2匹とともに暮らす猫目線の空間

nionohama-apartment-house-renovation: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。
ALTS DESIGN OFFICE

nionohama-apartment-house-renovation

ALTS DESIGN OFFICE

家具と植物が好きなご夫婦と猫2匹が暮らす住まいの、マンションのリノベーションで生まれた家です。猫と家具と植栽をテーマにALTS DESIGN OFFICEがデザインした空間は、猫と人が豊かに暮らす空間を、家具を使って表現しました。壁面に造作家具を配置し、家具を縫うように設けられた猫の動線。収納や植栽を配置しながら、その日常の風景に猫の暮らしが溶け込むようなインテリアになりました。お互いに気配を感じながら、リズミカルに配置された造作家具は温かみと楽しさを感じる空間です。お互いの暮らしが心地よく溶け合うオリジナルの住まいが実現しています。本住宅については「nionohama-apartment-house-renovation」で他の写真をご覧いただけます。

愛する猫と犬が生涯幸せに暮らせる住まい

愛犬愛猫家住宅~ジョエルとその仲間たち~: stage Y's 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。
stage Y's 一級建築士事務所

愛犬愛猫家住宅~ジョエルとその仲間たち~

stage Y's 一級建築士事務所

STAGE Y'S 一級建築士事務所の手がけた、愛猫、愛犬とともに暮らす住まいです。木の温もりがたっぷりと感じられる明るい室内は、愛犬のための部屋や愛猫がのびのびとすごすことができる工夫が随所に込められています。ぐるりと壁面に設けられたキャットウォークはもちろん、猫のための出入り口となる開口や安全な柵などが設けられ、のびのびと過ごしながらも安心も兼ね備えた住まいとなっています。内部はドッグシャンプーの店舗スペースも併設され、日常にパートナーとして愛される動物の存在が共存する住まいとなりました。本住宅については「犬や猫たちと楽しく暮らせる優しい雰囲気の住まい」で詳細をご紹介しています。

猫と暮らすための狭小住宅

建築面積は約9坪、地下を含めて床面積が25坪のこちらの狭小住宅は、ご夫婦と愛する猫が暮らすための住宅です。株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所は、猫が外を眺められるハイサイドライトや階段、キャットウォークなどをちりばめた遊び心たっぷりの狭小住宅をデザインしました。限られたスペースながらも窮屈になることなく、のびのびと遊べる空間がたっぷりとレイアウトされ、ドイツ漆喰や無垢材などの自然素材を使った優しい空間に仕上げられています。住まい全体も高気密高断熱としっかりと心地よい住環境を確保し、人にも猫にも居心地の良い住宅となりました。本住宅については「猫と暮らす小さな家」で詳細をご紹介しています。

猫と暮らす楽しさを感じられる家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!