環境に優しい家づくり

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

環境にやさしい家づくりは、建売の住宅でも建築家と建てる住宅でも同じく重要なテーマです。しかしその方法の多くは、短期的な解決方法であると考えられます。本当にエコフレンドリーな家を考えるのであれ場長期的に環境負荷を減らすことを考える必要があると思います。そこでこの記事では、単に高気密・高断熱だけでなく、長期的に環境負荷を減らすための方法をご紹介します。

ソーラーパネルを設置する

環境にやさしい家といえば、やはりソーラーパネルかと思います。以前は発電効率があまり優れていなかったので、初期費用の回収までに時間がかかりあまりエコフレンドリーではないと考えられていましたが、近年では発電効率が高い商品も、国内メーカーを中心に開発されており、環境負荷を抑えるアイテムとして浸透してきたと言われています。売電は特に今注目を集めているトピックですので、クリーンエネルギーで社会に貢献することにもなります。一戸建てを建てられる方で、年間日照が多い地域に住まれるかたはぜひ検討してみてください。

天窓から太陽光を取り込む

建築の設計段階から取り入れられる環境にやさしい住宅の方法としては天窓をオススメします。まずは光を取り込むことができるので、日中の消費電力を抑えられることです。さらに天窓が開閉可能な場合、空気の循環を生み出すことができるので、不快な季節も快適に過ごすことができます。設計段階で計画するなら開閉が簡単にでき、かつ光が差し込む先が家族が集まる場所などになるようにデザインした方がいいでしょう。こちらもサイズ、配置バランスで大きく効果が変わりますので、ぜひ建築家とのかたと相談してみてください。他の事例はこちらから。

photo:Taizan Kamijo

自然素材を使ったインテリア

自然素材をきちんと利用することは、やはり環境にやさしい家づくりの一歩です。自然素材は環境負荷を抑えるだけでなく、メンテナンス性が高いのため壊れたりしたも部分分修理できますので、ゴミの量を減らすなどの効果もあります。特に最近オススメなのが節が付いている木材。以前は強度に不安があるとされあまり使われなかった素材ですが、近年は耐力に関係ない部分で使用されており、コストが安く、またデザインも優れて見える効果もあります。ぜひ検討してみてください。

ガーデンから自然を取り込む

東京都心ではなかなか難しいですが、リビングなどの空間が広くガーデンとつながることで、環境にやさしい家となります。そもそも植物は空気を適度な湿度にする効果があり、夏は木陰を冬は風を弱めるなどの効果があります。換気をするとしても、単に窓を開けて取り込むのではなく、庭を通じた空気を取り込むことで室内環境が良くなると言われています。大きなガーデンは難しければ、せめて窓際に植物を置くなどして、室内環境の改善を目指してみてはいかがでしょうか。他にもこのような事例がありますので、是非チェックしてみてください。

外壁から室内環境を調節する

外部環境にさらされる外壁は、その素材や色によって様々な影響を受けます。たとえば、明るい色は太陽光を反射しやすく、一方、暗い色は熱を吸収しやすいため、どの季節をターゲットにするかによりますが、夏を快適にした場合は明るく、冬を快適にしたい場合は暗く色を選びましょう。また素材に関して言えば、たとえばコンクリートは温まりにくく・冷めにくいという特徴がありますので、コンクリートの躯体が冷え切っていれば暖房を入れても温まりにくいと言われています。日本の古来の家屋は木造で、外壁は土地土地によって異なりますが、夏を快適に過ごせるように設計したと言われています。

雨水を使ったシステム

環境に優しい、エコな家、といえばエネルギー効率を考えますが、水にも注目してください。写真の家は、雨水を貯めて、再利用できるシステムを採用しています。雨水を使用することに抵抗がある方もいるかもしれませんが、たとえばトイレの洗浄や庭の水やりなどには雨水は最適です。日本はある程度降雨量がある水資源の豊かな国ですが、やはり水資源も可能な限り沙莉雨することで、環境負荷が少ない住宅隣ます。是非とも参考にしてみてはいかがでしょうか。写真は有限会社 光設計の江戸Styleの家。

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!