高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けた家です。

憧れの大屋根を持つマイホーム

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

クライアントの希望は「大屋根の家であること、高気密高断熱工法、深い色の家」というものでした。小さい頃絵に描いたような大屋根の住宅は、”家”そのもののアイコンであり、もしもマイホームを建てるのなら多くの人が憧れるモチーフであることに間違いありません。しかし実は大屋根を持つと2階の居住性を確保することが非常に難しくなります。屋根の角度の分、空間が削られるので当然なのですが、担当したStudio Pohはどうやって快適な居住空間とクライアントの要望を両立させたのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

外観

高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けた家です。
STUDIO POH

高気密高断熱の大屋根の家

STUDIO POH

敷地があるのは栃木県芳賀郡内、芝生畑が広がるのどかな地域の一角です。外観はご覧の通り、完璧な三角形の大屋根!落ち着いた深い色味のブラウンが木材の質感を際立たせ、温かみのあるどっしりとした安心感のある外観となっています。アプローチには枕木を敷いてゲストを導くと同時に、住宅との連続性も感じさせます。敢えて高さを抑制し、圧迫感のない仕上がりに。写真左手はガレージです。

吹抜けの室内

高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けた廊下 & 玄関です。
STUDIO POH

高気密高断熱の大屋根の家

STUDIO POH

こちらは玄関を入ったところのビュー。建物内部は東西を貫く吹抜けによって、とても開放的な空間です。清潔感のある白いタイルの床、連続する太い梁が温かみと力強さを感じさせながらも爽やかな印象。外部木製建具を全て引き込んだ状態では縁側が外部と内部をつなぎます。大屋根の軒下にあるので、天候に関わらず気持ちよく外部を満喫できます。

階段で緩やかに仕切る

高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けたダイニングです。
STUDIO POH

高気密高断熱の大屋根の家

STUDIO POH

左側にはダイニングキッチン、階段を挟み右側にはリビング&畳間を配置しました。仕切りのないオープンプランでも、このように階段を空間の中央に配置することで適度な仕切りとなり、緩やかなゾーニングが可能となります。しかも上部へ伸びる階段は視線を導き、吹抜けのダイナミックさをさらに引き立てる効果があります。天井に設置した天窓やトップライトも縦方向の伸びやかさを強調して、大きな広がりを感じさせる室内空間となっています。

和室

高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けた和室です。
STUDIO POH

高気密高断熱の大屋根の家

STUDIO POH

リビングルームに隣接したキューブ型の和室は、建具を全て収納すればリビングルームの一角として、建具を閉めれば独立した個室として使用が可能。襖ではなく、天井や他建具と同様の素材を使用した引き戸にすることで、空間に馴染んだデザインとなっています。照明も天井に埋め込んだトップライトを採用して和モダン&ミニマルなスペースとなっています。

学習スペース

高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けた書斎です。
STUDIO POH

高気密高断熱の大屋根の家

STUDIO POH

こちらはダイニング上部吹抜に面した2階の学習スペース。南北両側に設置された天窓から燦々と日光が差し込む明るいスペースです。フローリングと似た色味のラワンベニアの天井は、素朴で温かみがある山小屋のような雰囲気を作ります。壁を白にすることで爽やかさと清潔感をプラス。屋根の傾斜により天井が低くなっていますが、前面が吹抜けのため、圧迫感を感じない落ち着くことのできるスペースとなっています。

大屋根の家に住んでみたくなりますね!ぜひコメントを書いて下さい。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!