都立大学H邸キッチンリノベーション: Smart Running一級建築士事務所が手掛けたキッチンです。

シンプルキッチンのすすめ

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

シンプルキッチンは、生活感のないお洒落な印象に仕上がるだけでなく、作業効率や掃除面でも多くのメリットがあります。すっきりとした見た目と収納量、レイアウトと効率の良い動線など、シンプル且つ効率の良い調理場をつくるポイントをおさえておきましょう。今回は、シンプルキッチンのすすめをご紹介していきます。

シンプルキッチンは収納が決め手

シンプルキッチンは、やはり収納量が決め手です。家族の人数分の食器や調理器具をしっかり収めることのできる大きな収納スペースは、ごちゃごちゃした調理場になるのを防いでくれます。こちらは、COIL松村一輝建設計事務所が手がける住まい。キッチンがリビングダイニングと区切りなくつながる空間です。大きくとられた収納ひき戸を閉めれば、スッキリとした印象でリビングに馴染むナチュラルさ。自家製パスタにこだわる調理好きのご主人が友人を呼んで昼食を共にするときも、大きな収納で生活感が隠せ、素敵なリビング空間の印象を壊しません。

クレジット: photographer : 笹の倉舎 笹倉洋平

シンプルキッチンのレイアウトは?

シンプルキッチンをつくるレイアウトのおすすめは、独立した調理場を確保できるコの字型です。調理場が三方向に広がるレイアウトは、収納スペースを確保しやすいというメリットがあります。また、冷蔵庫、コンロ、シンク、食器棚をまとめて配置できるので効率の良い動線をつくることができます。リビングやダイニングから調理場が見えないという点も便利ですね。

こちらでは「コの字型キッチンのメリット」を紹介しています。

カラーは?

調理場のカラーは、清潔な印象からホワイトが良く選ばれます。一方で、白は汚れが目立ちやすい色でもあります。シンプルかつ、都会的な印象に仕上げたい場合は、カラーコーディネートを考慮してみましょう。こちらの調理場は、背面収納を大きくとることでスッキリとした収納を可能に。木の風合いとダークブルーのカラーコンビネーションで都会的で洗練された大人のシンプルさを演出しています。

すっきり動線

動線を考慮することも、シンプルキッチンには欠かせません。こちらは、調理場を住まいの中心に配置した住まい。中庭を眺めながら料理できる他、リビング、ダイニング、サニタリー、寝室、2階へと   調理場からアクセスしやすくすることで生活動線が効率よく仕上げられています。壁一面に配置された背面収納と調理台の間には1mほどの間隔が取られ、一緒に調理する際も便利ですね。

素朴に、統一感を出す

日本の住宅で多く見られるコンロ・作業スペース・シンクが横一列に並ぶI型。シンプルな配置で場所を取らない点がメリットです。こちらは、そんなI型の素朴な印象に合わせて、オープンラックで見せる食器棚を配置した住まい。こちらのように、棚にはデザインや色を統一した食器を収め、収納を兼ねながらディスプレイを楽しんでみましょう。素朴さの中に見える落ち着いた美しさが魅力ですね。

クレジット: PHOTO:西川公朗 (Masao Nishikawa) Architects: 苅部寛子建築設計事務所+成瀬・猪熊建築設計事務所

モダンなビルトイン

スッキリ見た目もスマートなシステムキッチンはいかがでしょうか?モダンな印象に仕上がる他、生活感のあるオーブンやレンジ、コンロなどが隙間や段差なくすっきりと組み込まれ、ミニマルな印象に仕上がります。また隙間のないデザインは、掃除の際にも便利で、キッチンを常に清潔に保つことができます。

スッキリとしたキッチンは気持ちが良いですね!是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!