リビングダイニング: 遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH  ARCHTECT  &  ASSOCIATESが手掛けたリビングです。

家に優しく癒されて… 北欧風「ツインバルコニーの家」

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

スウェーデンやフィンランドに代表される北欧風のインテリアはもはや定番人気と言えるでしょう。木材の温かみと豊かな表情を感じられる家具、質の良いテキスタイル、どこかおどけた雰囲気のある小物たち。シンプルだけどナチュラルで明るい空間は、誰をも受け入れ癒してくれる優しさと魅力に溢れています。それもそのはず、北欧の冬は日本とは比べ物にならないほどに暗く長い、厳しい季節なのです。時には鬱病を発症させてしまうほど暗い冬にも、元気で幸せに暮らせるよう工夫が凝らされ完成したのが北欧風インテリアなのです。今回はさいたま市に拠点を置く遠藤浩建築設計事務所が手掛けた、北欧風の仕上げが魅力的な住宅を紹介します。

クールな外観

こちらが西側道路から見た正面外観。シルバーが基調となったシンプルながらエッジの効いた外観です。右上のキュートな丸窓がアクセント。最も自然光を取り入れることができる南側に三階建てが立ちはだかっているため、東と西にバルコニーを設置して光を室内へ取り入れる配慮がなされています。道路に面したこちらは玄関上にインナーバルコニーが設置されています。

ギャップのある室内

外観はクールな印象でしたが、室内へ一歩入るとご覧の通り。こちらは二階にあるLDKです。ナチュラルな木材による木組み、高い天井に設けられた天窓、素足に心地良い明るい色のフローリングなど、深呼吸したくなるような明るく気持ちの良い空間です。使用されている木材は白色塗装拭き取り仕上げがされており、一枚ベールをまとったような柔らかい表情になっています。仕上げ無しの本物のナチュラルな木材も魅力的ですが、より優しくほんわかした雰囲気にしたいのなら、この白色塗装拭き取り仕上げがおすすめです。

癒しのLDK

現しの天井は柱から梁に至るまで構成美を堪能できる場所。照明を梁に設置することで構成のダイナミックさを邪魔しません。室内にいながら青空も眺められる天窓からは燦々と日光が降り注ぎ、要所に置かれた陽気な南国風の観葉植物も相まって、ナチュラルさにほっこりと癒される心地良い空間です。ついつい長居してしまいそうね。窓の向こうがバルコニーとなっています。

和室

北欧風インテリアでも、客間としたりゲストベッドルームとしたり、時には畳にごろんと寝そべることのできるフレキシブルな和室は外せないスペース。こちらLDKの一角が和室となっています。梁を一部見せることでLDKとの連続性をキープ。障子の組子はモダンなデザインのものを選んで軽やかな印象に、そして北欧風のLDKとも馴染んだ雰囲気となっています。

インナーバルコニー

こちらが西側インナーバルコニーの内部。道路に面していてもプライバシーを確保することができ、また雨の日でも洗濯物を干すことができるのでとても便利です。梅雨時など湿度の高い時期も、なかなか乾かない洗濯物をリビングや寝室に干しっぱなしにして邪魔だし見た目も悪い… なんてことから解放されます!

癒される北欧風インテリアの家、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!