本の部屋: FURUKAWA DESIGN OFFICEが手掛けた書斎です。

ホームライブラリのある家

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

電子書籍が広く浸透しつつある昨今、本は書店でよりもダウンロードで購入する方が多い、という方もいるかもしれません。しかし紙の本が持つ魅力が衰えることはありません。物語に涙して、辛い時や悲しい時に助けられ、時には旅を共にする。それぞれに異なる紙の質感や手触り、インクの香りが様々な思いを喚起させます。そして年代を経た本が持つ独特の存在感… 。本は人生のパートナー、そして教科書と言えるでしょう。そこで今回は、そんな本を数千冊収蔵するホームライブラリを持つ住宅を紹介したいと思います。手掛けたのはFURUKAWA DESIGN OFFICE。さっそく見ていきましょう。

​外観

​シンプルな家型の外観。: FURUKAWA DESIGN OFFICEが手掛けた家です。
FURUKAWA DESIGN OFFICE

​シンプルな家型の外観。

FURUKAWA DESIGN OFFICE

外観は白いシンプルな家型です。道路に面したこちらは、開口部が少なめの閉じられたデザインながら、抜け感のある格子の門扉が軽さと木の豊かな質感をプラスしています。夜間は柔らかな光が漏れて温かな雰囲気に。またそれは、道路から室内までの道行きを実際の距離以上に感じさせ、視覚的な伸びやかさを与えています。

LDK

リビングルーム: FURUKAWA DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。
FURUKAWA DESIGN OFFICE

リビングルーム

FURUKAWA DESIGN OFFICE

室内はスキップフロアによる開放感のある構成。こちらは高い天井、大きな開口部から光が燦々と差す明るいLDKです。大きな窓の外側には庇も設置してあるため、冬季は最大限に太陽の光を取り込んで暖かく、夏季は強力な日射を完全に防ぎ涼しく過ごすことが可能。このLDKを中心として各部屋がレイアウトされています。

リビングに隣接するのがこちらの。コンクリートに花崗岩を埋め込んだ舗装面が大きく確保してあり、テーブルセットやソファを持ち出してアウトサイドリビングを作るのも楽々です。半円形の植栽地を設置して個性的なアクセントに。四季の移り変わりを身近に楽しめるよう、カエデ・ジューンベリー・セイヨウアジサイ・クリスマスローズ・ストロベリーなど様々な種類の植物が植え込まれており、季節ごとの成長や変化が楽しみな庭です。室内からは木製サッシ越しに眺める庭。風にそよぐ木の葉の美しさが避暑地のカフェにいるような快適さをもたらしてくれます。

本の回廊

こちらは書庫と廊下を兼ねた本の回廊です。この先にホームライブラリがあるのですが、既に数百冊を超える本がここに。北側なので直射日光が入らず、日焼けによる劣化を防ぐことが可能。表紙を見せて並べる面陳列でお気に入りの本を並べれば、住人の個性が光るディスプレイとして楽しむことが出来ますよ。

ホームライブラリ

さて、回廊の突き当たりにあるのがこちらのホームライブラリです。スキップフロアで階段を上り切った高い位置にあり、眺めも抜群。壁三面全てが本棚となっており大容量の収納力です。三角屋根の天井と木目が美しい柱、シンプルな照明とミニマルにまとめられた空間は、まさに本を読むための、本の世界に没頭するための部屋。本好きにはたまらない空間です。目が疲れたら窓から遠くの景色を眺めて一息。本棚のデザインと合わせて制作された大きなデスクでは仕事もはかどりそうですね。

数千冊を所蔵するホームライブラリのある家、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!