あそうのいえ: 株式会社 自由工房が手掛けたリビングです。

周辺の風景を取り込む心地のいい住まい

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

敷地のロケーションは家を建てる上で最も重要なポイントの一つですよね。周辺の環境に応じて自然を取り込むようにその土地に馴染むような快適な住空間を確保したいものです。今回ご紹介するのは、すっきりとした方形の屋根のコンパクトな住まいです。東京と静岡を拠点とする建築設計事務所 株式会社 自由工房が手がけるこちらの「あそうのいえ」は、家の中心にキッチンを設け、それを囲むように居間、食堂、寝室、そして水廻りを配置したシンプルな導線と各室から周辺の環境を味わえるようなプランになっています。雄大な自然と暮らすように、穏やかな時間を感じられる心地のいい住まいです。

海を望む絶好のロケーション

敷地のロケーションは静岡県静岡市内、街中からほんの少し離れた場所に位置する静かで落ち着いた集落。建物の建つ場所からは駿河湾を望む自然豊かな環境にあります。スッキリと気持ちのいい宝形屋根が目印になっているのかもしれません、コンパクトなフォルムが印象的なシンプルな佇まいです。

抜群の開放感と最高の眺め

内観を見てみると、リビング・キッチン・ダイニングスペースが一体的となった大空間に。リビングスペースには大きなコーナーウィンドウと、その先に広がる雄大な駿河湾の風景を愉しむことが出来ます。お天気のいい日には開口をフルオープンにすると心地のいい日差しや風をダイレクトに感じられる開放的な空間に。

家族の気配を感じる住空間

ダイニングテーブルに着くと、リビング、和室、キッチンと各所にいる家族の気配を感じ、存在を確認することが出来ます。キッチンを中心としたシンプルな導線によってコンパクトながらも一体的で広がりを感じられる住空間に。内装仕上げには住まうごとに味わいが深まっていく自然素材をふんだんに活用しています。フロアや柱、戸棚、そして天井に至るまで、木素材の柔らかく暖かなテクスチャを味わうことが出来ます。

屋内外を緩やかに繋ぐ

リビングスペースに面したダイナミックなコーナーウィンドウ、屋外スペースから見ると屋内外の隔たりを感じないほど、開放的で気持ちのいい居場所を作っています。開口に添うようにL字型に設けられた縁側は内部と外部を緩やかに繋ぎ、気軽に屋外へ出ることが出来ます。まさにこのリビングでは街中の喧騒から離れ、ゆったりと自然に囲まれ駿河湾を望む特等席となっているのかもしれません。

短い導線で機能的なキッチン

家の中心に設けられたキッチンはセミオープンスタイル。背面の壁にはキッチン用品や機器がスッキリと収めることが可能な大容量の収納スペースに。リビングや和室からはスッキリと見せながらも、作業スペースとしては充実した機能的なキッチンです。

気が付いたことがあれば是非コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!