中庭: 野口修アーキテクツアトリエが手掛けたリビングです。

暮らしを豊かにする中庭best5 – 緑を楽しみのびのびとくつろげる空間!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

中庭は暮らしに視覚的・空間的なゆとりを与えます。時に採光などの光をもたらし、住空間にプラスアルファの豊かさが生まれる中庭。外部からは見えない配置だと、住まい手だけのプライベート空間としても活躍するでしょう。今回ご紹介するのは、暮らしを豊かにする中庭best5です。さまざまな豊かさの増す空間や心地よさが生まれる素敵な中庭がある家のアイデアをご紹介します!

1.家のいろいろなところから緑が眺められる家

中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsの手がけたこちらの家は、中庭を囲むように配置されたそれぞれの大空間が魅力的な住まいです。LDKは吹き抜けがあり、全面ガラスの開放感と中庭に面してオープンにできる空間。キッチンは調理台の前に窓があり、料理をしながら緑を眺められます。LDKと対面に、まるで離れのような存在感があるベッドルームはL字に窓が開放でき、旅館のような風情を感じる空間に。家の各所で眺める中庭の表情は違うものの、どこもそれぞれの心地よさがそばにある住まいに仕上がりました。本住宅については「暖かな雰囲気を作るオシャレな中庭と大開口の家」で詳細をご紹介しています。

2.木に包まれた都心の平屋

木の外壁で仕上げられた、モダンさと温もりを感じる平屋。都心の集合住宅の並ぶ街に、定年後のご夫婦のための住宅をARBOLがデザインしました。都心という環境上、重視するのはプライバシーの確保です。周辺の街並みに調和しながら、周囲の集合住宅からの視線に配慮した住まいが誕生しました。シンプルな木箱をイメージしたファサードの中には、住居部分と庭部分の空間が分かれており外部からはしっかりと視線をカットする中庭を内包しています。住居空間の窓は大きく確保しながらも外部からはほぼ見えにくいスタイルが実現し、プライバシーはしっかり守られた上に庭の緑を楽しめる空間に仕上がりました。本住宅については「心地良い都会の生活を可能にする家「西三国の家」」で詳細をご紹介しています。

3.茶畑と山々、駿河湾を臨む白い家

久保田正一建築研究所の手がけたこちらの家は、静岡市の雄大な山々や茶畑、駿河湾を臨む傾斜地にあります。自然環境が豊かに恵まれたこの地で、有度山の風景を中心とした景色を楽しめる家がデザインされています。水平窓からはパノラマの景色が眺められ、プライバシーの確保もできるように設置された窓。正面のホールのあいた外壁の裏には屋上テラスも設けられ、気軽に外の空気を楽しめます。1階部分にもさりげなくパーテーションがされた壁面の裏にベンチやテーブルが置けるような中庭スペースが作られ、景色も眺めながらティータイムができる心地よい空間が生まれました。本住宅については「牧歌的な風景を楽しめるモダンな家「kc2 residence」」で詳細をご紹介しています。

4.ウッドテラスとリビングが一体になる家

高さのボリュームを抑え、水平ラインが美しいファサードのこちらの家は、野口修アーキテクツアトリエによって手がけられました。周辺の街並みに圧迫感を与えないボリュームでデザインされ、恵まれた敷地を生かした平家として建てられました。中心の中庭は、ウッドテラスで仕上げられ、リビングの窓を開放させると約2倍のリビングとなります。走り回れるほどののびのびとした環境は心地よく豊かな時間を作り出すでしょう。本住宅については「併用すれば広さは二倍!ウッドテラスで過ごす家」で詳細をご紹介しています。

5.住宅地にありながら開放感たっぷりの家

一級建築士事務所HAUSが手がけたこちらの家は、住宅街にあり周囲を建物に囲まれています。黒くシャープでモダンな雰囲気のファサードの中には、外壁に囲まれた中庭を持ち、2階までの吹き抜けに仕上げられています。ウッドデッキ・屋根付きのテラス、2階にはオープンなテラスと外部を異なるくつろぎ方ができるスペースも確保されました。中庭に面する今日中スペースには大きな開口がぐるりと配置され、室内から見るとまるで住宅地とは思えないほどぐんと開放的な空間が広がります。本住宅については「明るく開放感を感じさせる住宅地に建つ家」で詳細をご紹介しています。

暮らしがのびのびと豊かになる中庭に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!