house A: seets一級建築士事務所が手掛けたです。

ホワイトモダンインテリアbest5 – 透き通るような白が素敵なインテリア!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

白はインテリアに用いる場合、空間に広がりを与える効果があります。また、光を反射し明るく感じるため、狭い空間やなかなか光を取り込めない環境にもとても有効的な色です。ショールームでは、展示する商品を際立たせてみせるため全体を白いインテリアに統一するという場合も。「家」という生活感を消し、まるでモデルハウスのようなインテリアに見せることもできるのがホワイトインテリアの魅力です。今回ご紹介するのは、ホワイトインテリアの素敵な家best5です。全体のベースを白に統一し、明るく素敵な空間に仕上がっている住まいを見てみましょう!

自然と関わる暮らしを大切にした小さな住居

八ヶ岳の離れ: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けたリビングです。

稲山貴則 建築設計事務所の手がけたこちらの住まいは、別荘地で名高い八ヶ岳にある住居です。住まい手は普段、東京での生活が中心ですが、都市部だけでの暮らしに不自由さを感じ、東京と山梨での2拠点を持つために、こちらの住まいを計画されました。中心は東京の住まい、こちらの家は「離れ」のような位置付けとして、東京の住まいにはない要素が盛り込まれています。都心ではなかなか体験できない、自然豊かな環境に触れ合えるシンプルな暮らしがイメージされました。景色の緑が映える白いインテリアは、クールでスタイリッシュな印象に。広々とした開放的なLDK、ごろんと寝転がることのできる畳の空間も、インテリアに調和する素敵な住まいに仕上がっています。本住宅については「八ヶ岳の離れ」で詳細をご紹介しています。

田園の中に浮遊するギャラリー兼用住宅

株式会社廣田悟建築設計事務所の手がけたこちらの家は、隣地に水田が広がり、遠くには近江富士と呼ばれる山を眺められる穏やかな敷地にあります。住まい手の奥様は日本刺繍を生業とし、その小さなギャラリーを併設した住まいを望まれていました。美しい景色を眺められる側と、それ以外の雑多な景色が見える側を意識したプランニングで暮らしの中により良い眺めを得られるデザインに。外部はコンクリートやブラックのモダンな雰囲気に、室内は一転ホワイトがベースの明るく爽やかな印象のインテリアに仕上がっています。トップライトからの光や、ワイドに広がる大きな窓から導かれる自然光によっていつも明るさを感じることができます。暮らしそのものがギャラリーになるような上質な住まいとなりました。本住宅については「田園地帯に建つ「Floating House」」で詳細をご紹介しています。

見違える空間に生まれ変わったリノベーション

SEETS一級建築士事務所の手がけたこちらの家は、築30年の戸建住宅を水回り中心にリノベーションをした住宅です。昔の家では、水回りといえば北側に面した間取りが一般的。直射日光はあまり望めず、家の中でも暗さや寒さを感じやすいスペースになりがちです。ですが、北側は年中を通して安定した光に溢れる特徴もあります。建築家は、この「北側は柔らかな光が広がる」メリット面を引き出すようにこちらの住まいをデザインしました。間仕切りによって細かく区切られていた空間は壁を撤去することで広がりを持たせ、キッチンから洗面、バスルームへとスムーズな動線も確保。既存の窓の配置は生かしながら、間仕切りの工夫で少しでも明るさや風通しが良くなるようにプランニングされました。青みのあるホワイトのインテリアに統一したリノベーション空間は、既存の昔ながらの家とはまるで違った印象に。リノベーションしがいのある、快適な住まいに生まれ変わりました。本住宅については「北側のメリットを生かす水回りリノベーション実例」で詳細をご紹介しています。

崖地の上に立つ、景色を楽しむ住まい

アトリエDOOR一級建築士事務所の手がけたこちらの家は、崖地にある敷地が特徴の住まいです。高い場所にある敷地は、利便性の悪い場所であれば特に敬遠される傾向にありますが、一方で眺めが良いというメリットもあります。こちらの家も、眼下に広がる街並みの景色を堪能できるようにデザインされました。広いテラスを持ち、夜景や四季折々の景色に包まれる風景を眺めることができるゆったりとした空間。階段の高さをたっぷりと有効利用した大容量の収納や、2階LDKが実現する天井の高さなど、快適さもたっぷりと考慮されています。ベージュ寄りの温かみのあるホワイトカラーをベースとし、冷たすぎない温もりのあるインテリアが魅力的に仕上がっています。本住宅については「崖地の利点を最大に生かす!見晴らしのいいモダンな住まい」で詳細をご紹介しています。

雑木林の森に包まれた住宅地にある住まい

サトヤマヴィレッジの家のキッチン: 株式会社エス・コンセプトが手掛けたキッチンです。
株式会社エス・コンセプト

サトヤマヴィレッジの家のキッチン

株式会社エス・コンセプト

株式会社エス・コンセプトがキッチンを手がけたこちらの家は、大きな雑木林の周囲に家が建ち並ぶように計画された住宅街にある住まいです。「サトヤマヴィレッジ」と名付けられたこの住宅街は、暮らしとともに豊かな森を眺めながら過ごす環境にあります。窓から眺められる自然の木々により、木漏れ日の光や四季の移ろいを体感しながら暮らせる住まいにデザインされています。LDKの窓いっぱいに広がる木々のゆったりとした姿。美しい緑や枝ぶりが映えるよう、白をベースとしたインテリアに、ウッドブラウンの床が自然と調和します。手がけられた真っ白の大理石天板のキッチンは、ミラーのように森の姿を映し込み、雑木林の景色を調理中も眺めることができる素材がメインです。外部に目を向けずとも、暮らしの中で自然を身近に感じられるような住まいに仕上がりました。本住宅については「サトヤマヴィレッジの家のキッチン」で他の写真をご覧いただけます。

ホワイトをベースにしたインテリア空間に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!