リビングと子供部屋: 武藤圭太郎建築設計事務所が手掛けたリビングです。

段下がりのリビングbest5 – 居心地の良さを作る効果的な空間!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

間仕切りや、田の字型といった部屋同士を繋げるような間取りから、現在はLDKや他の空間が広くなるようなまるでワンルームに近い広々とした間取りが一般的になりました。広い空間は開放感がありとても気持ちが良い一方、広すぎても間延びをしたり落ち着かない原因になることもあります。今回ご紹介するのは団下がりのリビングやダイニングのある空間best5。間仕切りや壁でなく、高さによって空間分けをする方法は空間にメリハリをつけ、心地よさを生み出します。目線を様々なところに変え、座って暮らしを送る日本の暮らしにもよく馴染む団下がりのリビングのアイデアを見て見ましょう!

1.のどかな景色を眺められる和モダンな住まい

SCALE ||| 株式会社スケールの手がけたこちらの住まいは、穏やかな景色の広がる場所にある平屋です。リビングやデッキから山々を見渡せるようにデザインされたのが特徴で、ロフトや屋根へ登る階段、回遊動線などの遊び心が目いっぱい詰まった空間が魅力。ブラックとウッドが和モダンを思わせるファサードに、水平に並んだ窓は開放感たっぷりにオープンにできる仕組みです。無垢材のウッドフローリングと、段下がりの和室になった空間は水平の奥行きが居心地の良さを感じさせます。本住宅については「のどかな雰囲気に包まれた快適でモダンな平屋」で詳細をご紹介しています。

2.グレイッシュなカラーがおしゃれなマンションリノベーション

星ヶ丘のリノベーション: Nobuyoshi Hayashiが手掛けたリビングです。
Nobuyoshi Hayashi

星ヶ丘のリノベーション

Nobuyoshi Hayashi

NOBUYOSHI HAYASHIによるこちらの住まいは、マンションの一室がリノベーションされた住まいです。ベーシックなマンションの間取りは広い空間が魅力的なレイアウトになり、ヘリンボーン貼りのフローリングやモルタル、板張りなど素材感が生きる空間はまるでカフェやショップのような洗練された雰囲気です。オープンなキッチンが多い昨今ですが、あえて高めに開口を設置したキッチンカウンターはリビングに意匠的な背景を生み出し、グレイッシュにペイントされたウッドの雰囲気がインテリア性をぐっと高めた空間に仕上がっています。本住宅については「星ヶ丘のリノベーション」で他の写真をご覧いただけます。

3.環境のマイナス面をプラスに転換したダイナミックな家

KEITARO MUTO ARCHITECTSの手がけたこちらの住まいは、レッドゾーン(土砂災害危険区域)の環境に建つ家です。危険性と隣り合わせの環境であるものの、山の緑の風景は美しく、反対側には公園が広がる魅力がある場所でした。土砂崩れの土圧対策が法的に必要なことから、1−2階の途中までがRC、その上が木造の混構造です。RC部分が支えるダイナミックな造形はファサードに迫力を与え、室内にもモダンで自由度の高い空間を生み出しています。リビングは7段の差がある深さが囲まれたような心地よさを生み出し、高さのアクセントでリズミカルな空気感をもたらしました。本住宅については「自然と共に暮らす大らかな家」で詳細をご紹介しています。

4.神戸の小さな敷地にある11坪の狭小住宅

藤原・室 建築設計事務所が手がけたこちらの住まいは、建築家が敷地の確認に訪れた際、思わず通り過ぎてしまった… ほどのコンパクトな地に立つ狭小住宅です。限られた空間ながらも、家族が落ち着いた暮らしができ、小さい家のメリットをめいっぱい感じられるようにデザインされた住まいです。細長い敷地のウッド素材からなるファサードは経年変化も楽しめる素材。プライバシーを確保するよう、開口は控え目ながらも室内のトップライトで明るい光が溢れます。限られたスペースでなるべく広く感じられるようにレイアウトするところを、スキップフロアや段差で明確な空間を作ることによりディテールや空間づかいが心地よく広がる住まいとなりました。本住宅については「11坪の敷地に建てられた小さな家」で詳細をご紹介しています。

5.堤防から見る景色が心地よいホームパーティーのできる家

SMILE STUDIO CO,LTD.,/有限会社スマイルスタジオの手がけたこちらの住まいは、木曽川の堤防に沿った敷地にあり、北側に緑の広がる穏やかな環境が魅力です。平屋をイメージして、開かれた空間が設けられた一階ではたくさんの友人を招いてのホームパーティーができるようなキッチンダイニングがポイント。キッチンと一文字につながるテーブルは大人数が集ってもゆとりのある空間です。リビングが一段下がることにより広い空間にアクセントをつけ、広がりは持たせながらもまた違うくつろぎの空間が共存するゆったりとしたインテリアに仕上がりました。本住宅については「HOUSE KAT」で詳細をご紹介しています。

段下がりの空間が作る居心地の良いリビングに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!