湖風の家 書斎テラス: アーキシップス古前建築設計事務所が手掛けたベランダです。

パッシブハウスとは?その家づくりのポイントまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

パッシブハウスという言葉を聞いたことがある方は少なくないのではないでしょうか。近年、環境にやさしい住まいづくりがますます注目されており、そうした様々なタイプの住宅がデザインされ建てられています。そこで今回は、パッシブハウスに焦点をあてて、その家づくりのポイントを詳しく見ていきたいと思います。それは、ただ環境にやさしいだけでなく、快適な暮らしを送っていける住まいでもありますので、そうした点にも注目してみて下さい。

パッシブハウスとは

自然の恵みを享受するパッシブデザイン: 株式会社 建築工房零が手掛けた庭です。
株式会社 建築工房零

自然の恵みを享受するパッシブデザイン

株式会社 建築工房零

パッシブとは、英語で「受動的」という意味を指しますが、建築においてパッシブハウスは、太陽光や風、水といった再生可能エネルギーを積極的に有効利用しながら室内環境を快適にしていき、それによって地球環境にやさしい住まいや暮らしを実現していくことを意味します。日本においては、暑い夏に涼しく、寒い冬に暖かくなる住まいとしていく必要がありますが、その2つを普通に考えていては矛盾が生じてしまうので、その矛盾を上手に解消していくパッシブデザインが重要となります。次からは、そのパッシブハウスをデザインしていく上でのポイントを紹介していきます。

高い断熱性能

パッシブハウスのポイントとしては、まず高い断熱性能の住まいとしていくことが挙げられます。それにより、冷暖房を使用しなくても快適な室内温度を保つことができたり、冷暖房効率が高まることで室内を暖めたり冷やしたりする際のエネルギー消費量を抑えることができます。また、家の外壁を通して熱が出入りしにくいことで、部屋と部屋の温度差が小さくなり、住まい全体が同じような快適な室温となります。さらには、床や壁、さらには自体の温度も保たれ、肌が触れても不快に感じることもなくなるでしょう。

夏の日射遮蔽

夏の暑さの中、パッシブハウスで快適に過ごしていく際に重要となるのが日射遮蔽です。夏の強い日差しが窓などを通して室内に入ってくると、室温が急激に上昇してしまいます。そのため、そうした日差しを庇や軒、ルーバーや外付けブラインドなどを使って遮っていきましょう。日射熱のほとんどは窓から入ってくることから、窓廻りを中心に対策を考えていきましょう。こちらのARKSTUDIO一級建築士事務所が手掛けた住まいのように、緑のカーテンを用いた自然のパッシブデザインを取り入れてもいいかもしれません。

自然光を取り込む

ÜberRaum Architectsが手掛けた廊下 & 玄関
ÜberRaum Architects

Cherry Blossom House (German Passivhaus)

ÜberRaum Architects

自然光を十分に取り込み、明るい室内としていくこともパッシブハウスのポイントとなります。それによって、昼間に余分な照明を点ける必要のない省エネルギーにつながるだけでなく、太陽の光を家の中でも浴びることができ、快適な明るさや雰囲気を生み出してくれます。自然光を取り込んだ明るい室内とするには、トップライトの設置や間仕切りの省略など色々な方法がありますので、それぞれの住まいに合ったものを採用してみて下さい。

風が吹き抜けるパッシブデザイン

風が吹き抜けていく住まいとしていくこともパッシブハウスのポイントの1つです。風が家の中を通り抜けていくことは換気という目的もありますが、風を感じることで体感温度が低くなることもあることから、夏に冷房を使用しなくても窓を開けているだけで十分な快適な室内環境を生み出すことにもつながります。通風については、「通風の良い住まいにする6つのポイント」も是非参考にしてみて下さい。

冬の日射を利用した暖房

ÜberRaum Architectsが手掛けた寝室
ÜberRaum Architects

Cherry Blossom House (German Passivhaus)

ÜberRaum Architects

夏の日射は室内に入ってくることを遮ることが重要でしたが、冬の日射は逆に室内に取り込むことで暖房として有効利用することができます。寒い冬の間は、昼に日射を開口部から取り込んで熱を蓄熱し、その熱が特に寒くなる夜に放出されることで、家の中を再生可能エネルギーで暖められることになります。そのためには、冬の日射が十分に室内に差し込んでくる条件が欠かせませんので、敷地選びからそうした点を意識してみるといいでしょう。

【パッシブハウスやパッシブデザインについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ パッシブデザインで環境にも人にも優しい暮らしを  

※ 自然を感じるパッシブデザインの家

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

環境にも住み手にもやさしい住まいとしていきましょう!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!